最近のトラックバック

« 心房細動に出会ったら | トップページ | エンドトキシン測定の意義は?2 »

オランダ対イタリア

ヨーロッパ選手権2008。WOWOW契約はお金がかかるし、どうせ全部見れないので、民放だけで。オランダもイタリアも最近の代表チームは全然みていませんでした。監督は、80年代を代表するファンバステンとドナドーニ。ACミランファンならお喜び。

結果はオランダの圧勝ですが、2点目、3点目は前がかったイタリアに対してのカウンターなので、やはり1点目が全てでしょう。オフサイドと思いこみましたが、ピッチ外にいたパヌッチがオンサイド、との判定。いずれにしても、あのシュートに合わせるファンニステルロイはただものではない。ManUを辞めて残念ですが、彼が大活躍していた頃をみている自分としては感慨深いです。むらっけはありますが、ファンニステルロイはデニス・ローやゲルト・ミュラーに並ぶ名ストライカーと思います。

イタリアには厳しい結果ですが、やはりコンディションはいまいちのように見えました。フランスもルーマニアと引き分け、さあどうなるか。

« 心房細動に出会ったら | トップページ | エンドトキシン測定の意義は?2 »

you'll never walk alone. football」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/21569184

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ対イタリア:

« 心房細動に出会ったら | トップページ | エンドトキシン測定の意義は?2 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ