最近のトラックバック

« Leatherheads | トップページ | 日本の官僚に一番足りないもの »

007 Quantum of Solace

英語圏の国に行ったらそこでペーパーバックを1,2冊買うのを習慣にしています。楽しい話で美しい文章なのがいいです。昔はビジネス本とか買っていましたが、あまり得るものはないと分かったので、最近はもっぱら小説か歴史、ノンフィクションです。

次の映画のタイトルになっているこの短編集。イアン・フレミングなんて読むのは何十年ぶりでしょう。実は美しい文章で映画とは全然違う楽しみ方をするのですね。たしか高校生の時に読んで「あんまり面白くないな」と読むのを止めてしまったと思います。ガキには分からない面白さなのでしょう(でも、その時初めてみたボンド・ムービーは楽しめました。たしか、オクトパシーでした)。Quantum of Solaceは実によくできた短編小説で、村上春樹、フィッツジェラルドなどに通じるリリシズムを感じました。もちょっとボキャブラリーが多ければもっと面白く読めるでしょうが、、、、、

« Leatherheads | トップページ | 日本の官僚に一番足りないもの »

本、映画、その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/24870657

この記事へのトラックバック一覧です: 007 Quantum of Solace:

« Leatherheads | トップページ | 日本の官僚に一番足りないもの »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ