最近のトラックバック

« W杯予選 カタール対日本 | トップページ | 癒しとしてのワイン »

論文あれこれ

好中球減少時の発熱患者でのPKPDを検討した論文。まだ臨床現場でいきなり使える情報は少ないですが、、、、
Lancet Infect Dis 2008;8:612-

ICUの敗血症患者(の一部)で5日後のプロカルシトニンで抗菌薬を減らせないか、という論文。興味深いので日本でも検証してみたいと思いました。
Am J Respir Crit Care Med 2008;177:498-

これは有名な論文ですが、抗菌薬の副作用で救急室を訪れる患者は多い、という論文。米国も日本同様、無駄な抗菌薬使用が多いようです。
CID 2008:47:735-

« W杯予選 カタール対日本 | トップページ | 癒しとしてのワイン »

journal club」カテゴリの記事

コメント

本日届いた日本内科学会雑誌Nov 2008,院内感染がテーマで、岩田先生のp2642からの論文大変参考になりました。
その直前のp2636からの論文にde-escalationの意味を勘違いしているような図と文があります。
「広域抗生剤を十分に初期から投与するde-escalation」と記載され、変な図が載ってます。
先生はどう思われますか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/25529933

この記事へのトラックバック一覧です: 論文あれこれ:

« W杯予選 カタール対日本 | トップページ | 癒しとしてのワイン »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ