最近のトラックバック

« チリとアメリカ | トップページ | プレミアリーグ ManU対ミドルスブラ »

天皇杯準決勝 横浜Fマリノス対ガンバ大阪

 人を感動させる試合というのはこういう試合なのだと思います。

 試合開始当初は、マリノスの圧勝かと思いました。ガンバの華麗なパス回しは見る影もなく、一つ一つの局面で全て負けていたガンバは、ほとんどサンドバッグ状態でやられまくっていました。

 しかし後半、とばしすぎたマリノスの足が止まると、少しずつパスが回るようになります。退場で逆にマリノスのほうが数的に不利になり、試合は本当に分からなくなりました。延長戦はスペースが空いてお互い中盤はぶらりノーガードで打ち合い。ディフェンスが踏ん張って粘りに粘り、という試合でガンバが貴重な決勝点。すごい試合でした。

確かに、フィニッシュはあまあまで、マリノスの攻撃にも工夫がなかったのは問題です。技術戦術的には見るべきものはあまりありませんでした。それでも、息をのむような緊張感が続き、試合終了時はほおっと大きく息を吐いたのでした。ガンバは執念の勝利でした。アジアチャンピオンのプライドが驚異的な粘りを産んだのでしょうか。

両チームともお疲れ様です。

« チリとアメリカ | トップページ | プレミアリーグ ManU対ミドルスブラ »

you'll never walk alone. football」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/26611468

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯準決勝 横浜Fマリノス対ガンバ大阪:

« チリとアメリカ | トップページ | プレミアリーグ ManU対ミドルスブラ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ