最近のトラックバック

« チャイルド44 | トップページ | 薬害エイズ「無罪判決」どうしてですか? »

3年で辞めた若者はどこへ行ったか

正直、あまり期待しないで衝動買いした本です。前半は(私には)ごくごく当たり前の内容で、何を今更という感じでした。とくに2009年の景気が落ち込んだ現在、なんか時代遅れな印象を得ないでもありませんでした。

通常、新書は最初の半分が面白くて、だんだん尻すぼみにつまらなくなるものですが、この本は違いました。後半の方が圧倒的に面白いです。

官僚組織が崩壊する日

若者が元気がない?は共感しました。私も今の若者は総じて優秀だと思います。優秀でない、と断じている人のところには、それなりのひとにしか相手にされていないのだ、という著者の主張もうなずけます。

格差社会の正体の分析や、ワッセナー合意に対する見解も、とても興味深かったです。ここでもオランダです。オランダにできることがなぜ日本にできないかは、興味深いところで、これは長い間私にとっての大きな謎です。人口が少ないから、というのは多分、分かりやすくはあるけれども見当違いの見解だと思います。じゃあ、日本を道州制にすればオランダのようになれるか、というと多分それだけでは無理でしょう。

« チャイルド44 | トップページ | 薬害エイズ「無罪判決」どうしてですか? »

本、映画、その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/27015131

この記事へのトラックバック一覧です: 3年で辞めた若者はどこへ行ったか:

« チャイルド44 | トップページ | 薬害エイズ「無罪判決」どうしてですか? »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ