最近のトラックバック

« 早稲田大学に | トップページ | 雨月物語 »

アンナ・カレーニナ

アンナ・カレーニナを読了しました。ぐいぐいと引きつけられる文章で、気がつくとページが進んでおり、思いの外早く読み終えました。学生時代に「戦争と平和」を読んだことがありましたが、あのときは「読んだ」という結果しか残らず、ほとんど感銘を受けることがありませんでした。両作品の違いよりも自身の受容のあり方の変化なのだと思います。今という大切な時間にこの作品に出会えて本当によかったです。

« 早稲田大学に | トップページ | 雨月物語 »

本、映画、その他」カテゴリの記事

コメント

光文社古典新訳文庫(望月哲男訳)でしょうか?
たしかに読みやすいです(トルストイやドストエフスキーって、何故か「はまって」しまいます)。
しかし、岩田先生や青木先生のように忙しい先生方、いつ読書する時間があるのだろう?と思ってしまいます。
(昨日、青木先生がチーフコメンテーター・座長を務められた「七隈臨床感染症研究会(@福岡市)」に出席させていただきました)。

タッチさま

 私もドストエフスキーは好きです。今回読んだのは新潮文庫版でした。一般論ですが、忙しいと本を読むくらいの時間しか確保できないので、たくさん読めるそうです。
 個人的には私は言葉に対する感受性にやや乏しいので、そこがあるとより小説は楽しめるのにな、と思います。たぶん、この部分は半分以上はセンスの問題なのでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/28493893

この記事へのトラックバック一覧です: アンナ・カレーニナ:

« 早稲田大学に | トップページ | 雨月物語 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ