最近のトラックバック

« 新型インフルエンザ・マニュアル(暫定版) | トップページ | スペインかぜと、今の新型インフルと、そして今後の感染症界を考える »

新型インフルマニュアル改訂

「51.pdf」をダウンロード

改訂版です。どんどん変わるかも知れません。ただし、これは未知の疾患に対するマニュアルなので、このマニュアルが絶対的な正当性を保障したり主張したりするものではありませんし、副作用など患者に対する有害事象のリスクが皆無というわけでもありません。使用に際してはくれぐれもご注意ください。

« 新型インフルエンザ・マニュアル(暫定版) | トップページ | スペインかぜと、今の新型インフルと、そして今後の感染症界を考える »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

少しお伺いですが

p4の最下段『患者が自家用車で移動する場合、患者の電話番号を感染症指定医療機関等に伝え、また感染
症指定医療機関等の電話番号等の連絡先を本人または家族に伝え、受診する時刻及び入口につ
いて感染症指定医療機関に問い合わせるように指導する』
の件ですが、神戸市の場合は一度保健所へ電話をして、搬送方法(自家用車含む)を調整し、保健所より感染症指定医療機関等へ連絡となっていたように思いますが。
申し訳ありませんが、ご確認して頂けますでしょうか?
手順や申し送りの方法についてのコンセンサスを明確にしておかないと混乱の元になり兼ねませんので。
当院も本日詳細のマニュアル変更を行い概要について記載していますが、少し内容が違うように思います。
お忙しいところ申し訳ありません。

グラム染色道場師範手前さま

ご指摘ありがとうございました。訂正して再掲します。

岩田

マニュアル公開ありがとうございます。

タミフルの投与量について教えていただけませんか?

サンフォードでは透析患者の場合、
非透析日に30mgを投与だったと思いますが
やはりパンデミックのときは
混乱をさけるために統一されたのしょうか?

http://www.uptodate.com/home/content/topic.do?topicKey=pulm_inf/19054
を見ると、1歳以下の投与量も記載されています。

岩田先生
早速ありがとうございます。

ひよこ薬剤師さま
日本腎臓病学会のものも非HD時に30mgになっていると思いますが。

岩田先生、
何度も申し訳ございません。

タミフル投与量ですが、透析患者の場合、透析後に75mg投与して次の透析でもう一度投与するか決めるようです。←メーカー情報ですが、いかがでしょうか?


透析医学会らの‘透析施設における新型インフルエンザ対策ガイドライン’には予防投与として75mgを5日に1回と記載されているのですが…治療投与は記載なしでした…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルマニュアル改訂:

« 新型インフルエンザ・マニュアル(暫定版) | トップページ | スペインかぜと、今の新型インフルと、そして今後の感染症界を考える »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ