最近のトラックバック

« アメリカの新型インフルまとめ | トップページ | archeo-epidemiologic に考える。 »

TRSIV

Triple-reassortant swine influenza A(H1)ってなに?という疑問を持ったので、読んだ論文。現行の問題とは直接はリンクしていないので、臨床的に意義の小さい部分ははしょりました。

triple-reassortant flu NEJM
- Triple-reassortant swine influenza A(H1) in humans in the United States, 2005-2009
- content.nejm.org—NEJMoa0903812 <http://content.nejm.org/cgi/content/full/NEJMoa0903812>
- powered by OmniOutliner 3.8
-
- 鳥、ひと、ブタのtriple-reassortant swine influenza A(H1) virus(以下、岩田の独断でTRSIVと略す)は1990年代から北アメリカのブタ家畜で見つかっている。
- この報告は2005年から2009年2月までにおこったスポラディックな11例を報告するものである。
- 中央値は10歳(16ヶ月から48歳)、4人に基礎疾患。9人がブタの曝露。5人は直接接触、4人はさわらなかったがブタのいるところに行った。1例ではヒトヒト感染が疑われている。潜伏期は3−9日。熱が90%、咳が100%、頭痛が60% 、下痢が30% に起きている。白血球減少、リンパ球減少、血小板減少が見られることがあった。4人は入院し、2人が挿管を必要とした。4人はタミフルを処方。全員元気になった。
-
- もともとブタは鳥、ひとのインフルエンザウイルスを感染することが知られており、reassortmentの媒体となりうると考えられてきた。
- 1930ー90年代、ブタのブタインフルエンザウイルスは主に、古典的なH1N1であり、ほとんど変化がなかった。
- しかし、1990年代後半、H1N1, H3N2, H1N2のTRSIVが北アメリカのブタ家畜で主流となってきた。人や鳥のウイルスの断片も含まれていた。
- ブタの発熱の原因としてのインフルエンザは1931年から知られてきた。これは人の病気の原因として同定される3年前のことである。
- 1970年代から、ブタインフルエンザのヒト感染が報告されてきた。
- 世界的には50例以上の報告があり、たいていは古典的なSIVであった。ブタ関連の職業上の曝露が多かった。
- 古典的なSIV感染では7死亡例が報告されている。既往歴のないものも、妊娠など既往歴のあるものもいた。
- 症状は通常のインフルエンザと同じである。
- 持続するヒトヒト感染の報告は2009年4月まではなかった。
-
- 米国以外では、人のTRSIV感染の報告は二つある。
- 2005年以前、CDCは年間1−2例の古典的なSIVヒト感染の報告を受けていた。
- Emerg Infect Dis 2006;12:1132-1135
- J Clin Microbiol 2009 April 1 (Epub ahead of print).
- 2005年12月、CDCは米国初のTRSIV感染を見つけた。
- 2007年6月、動物由来を含む、新型インフルエンザAウイルス感染は届け出感染症と米国で定められた。
- 2005年12月以降、11例の報告があり、そのうち8例は2007年6月以降のものである。
- ちなみに、2007年以降このシステムで報告を受けたのは、TRSIV感染のみ、、、
-
- 報告やラボの詳細は省略、、、、
-
- アブストラクト以外の情報
    - 8人は18歳以下
    - 7人は男性
    - 全員、米国中西部あるいは南部に住んでいた。
    - 36%は8月、9%は10月、18%は11月、18% は12月、そして9%(1例ずつ)は1月と2月に報告されている。
    - 8例では、ブタにも症状があった。
    - 潜伏期の中央値は3.5日(3−9日)
    - 基礎疾患は、よくわからない免疫不全、湿疹
    - 少なくとも3人は季節性インフルエンザのワクチン接種あり。
    - 一人には結膜炎あり
    - 体温の中央値は39.7度(38.5−40.4)
    - 迅速検査陽性例もあり 詳細は不明、、、
    -
    - 挿管では、48歳の女性、喫煙、GERD、喘息、吸入ステロイドあり。気道からインフルと緑膿菌みつかる。19日の入院で元気に退院。タミフルは入院11日で使用。
    - 他には、26歳既往歴なしの男性が、肺炎、敗血症で入院。挿管、低血圧、短期の昇圧剤使用あり。抗菌薬とタミフルで治療。タミフルは入院後19日目に使用。30日で退院。
    -
    - ウイルスの属性としては、人のH1との交叉反応はなく、ワクチンは効かなそう
    - タミフル、リレンザには感受性あり。
-
-

« アメリカの新型インフルまとめ | トップページ | archeo-epidemiologic に考える。 »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TRSIV:

« アメリカの新型インフルまとめ | トップページ | archeo-epidemiologic に考える。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ