最近のトラックバック

« 間違い否定社会の脱却をめざして | トップページ | CDCの改組 »

失われた時を求めて プルースト

ちくま文庫版で10巻あります。分厚い文庫ですが、まあ分量ではそんなにむちゃくちゃ長い小説ではありません。長さでいうなら徳川家康とか、ゴルゴ13とか??の方が長いでしょう。

しかし、この文庫版を購入したのが大体10年くらい前で、やっと本日読了です。実は、第一巻を読み終えたのが今年になってから。何度も読み返しては挫折した第一巻のみはカバーも外れて書架でぼろぼろになっています。実際の長さよりも、その「くどさ」に辟易して止めてしまうのでしょう。彼女に逃げられて、それをくよくよ何百ページにもわたって反芻されてはたまらないのです。

ただ、今年になってから言葉に対する感性がやや高まった自覚があるのと、読むのが面倒くさいところはばっさり読むのを放棄し、まあ自分でダイジェスト版を作る覚悟を決めたらなんとか読了できました。それでも半年くらいかかりましたが、、、、

19世紀から20世紀にかけてのフランスやヨーロッパ社会について、その周辺の文学、音楽、絵画、哲学などの教養について、ドレフェス事件について、同性愛について(男女ともに)、サロン社会について、そして世界大戦(今でいう第一次世界大戦)などが横糸になって延々とダラダラした小説が続きます。話の筋よりもその文体と教養、当時の社会のあり方そのものを楽しむくらいの覚悟がないと面倒になります。そして、最終巻になって「時」について語られだし、一気に大団円、カタルシスと相成るのです。

ちょっと小話

第10巻 423ページ

ある人が、私の病気をつたえきいていて、いまインフルエンザがはやっているから、かからないようにするのがたいへんでしょう、と問いかけたので、べつの親切な男が、こういって私を安心させた、「いや、あれはまだ若い人間がかかるものです。あなたのお年ではもう大して心配はいりません」

そう、これは1918年のスペイン風邪のことなのでしょう。これもまた、失われた「時」が戻った瞬間というべきでしょうか。

« 間違い否定社会の脱却をめざして | トップページ | CDCの改組 »

本、映画、その他」カテゴリの記事

コメント

 スペイン風邪のはやる2年前(1916年)、プルーストは「プーレ四重奏団の演奏に感心し、深夜、コルク張りの音楽効果のよい部屋でベッドに横になり、周囲の床には『失われた時を求めて』の原稿が乱暴に積みあげられているなかに来てもらって、たった一人で、フォーレのピアノ四重奏曲、モーツァルト、ラヴェル、シューマンの四重奏曲、ベートーヴェンの晩年の四重奏曲、フランクのヴァイオリン・ソナタを演奏させた。深夜に四重奏団をよんできて、自分ひとりできく。彼は、自分の趣味のためならば、有り金の全部をはたくことを辞さない人物だったのであり、そういうことを通して、最高の趣味を身につけていった」(吉田秀和「私の好きな曲」ちくま文庫)ということをしていたそうです。毎度のことながら岩田先生の読書歴には感嘆します。「失われた時を求めて」気になりながらも未読です(という方が多いのでは?)。「1Q84」を読了したら検討します。いつもずれたコメントで申し訳ございません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/30034804

この記事へのトラックバック一覧です: 失われた時を求めて プルースト:

» ダ・ヴィンチ [ダ・ヴィンチ]
ダ・ヴィンチは、ルネサンス期を代表する芸術家で、万能の天才として知られています。ダ・ヴィンチの人間性や天災としての素晴らしさを紹介しています。 [続きを読む]

« 間違い否定社会の脱却をめざして | トップページ | CDCの改組 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ