最近のトラックバック

« 今あるリソースを最大限に、肺炎球菌ワクチンを考える。 | トップページ | 1羽のツバメで »

今日のJクラブ

   Clinical Infectious Diseases
           1 May 2009, Vol. 48, No. 9:         pp. 1244-1249
 
 
 
Comparison of Laboratory Diagnostic Procedures for Detection of Mycoplasma pneumoniae in Community Outbreaks
 
Kathleen A. Thurman, Nicholas D. Walter, Stephanie B. Schwartz, Stephanie L. Mitchell, Michael T. Dillon, Andrew L. Baughman, Meredith Deutscher, John P. Fulton, Jon E. Tongren, Lauri A. Hicks, and Jonas M. Winchell

臨床診断をゴールドスタンダードにして検査を評価したという変わったスタディー。ときに、著者の中にフェロー時代に研修医だった人を見つけてびっくり。優秀でした、その人。

« 今あるリソースを最大限に、肺炎球菌ワクチンを考える。 | トップページ | 1羽のツバメで »

journal club」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/31020100

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のJクラブ:

« 今あるリソースを最大限に、肺炎球菌ワクチンを考える。 | トップページ | 1羽のツバメで »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ