最近のトラックバック

« ことば、時間、空気 | トップページ | 本日のJクラブ »

新型インフルワクチンについて

 KURIVOWS II (Kobe University RIsk communication
on Influenza Virus Outbreak Work Shop Act. II)、リスクコミュニケーションWSは無事終了しました。参加者の皆様、ご苦労様でした。関係者の皆様、ありがとうございます。

 さて、終わったその足で飛行機で東京に向かい、桝添大臣の会議に出てきました。メディアも入っていたので、発言は公のものです。申し上げた内容の「草稿」は以下の通り。実際にはもっとやんわりした内容でしたが、まあこれで呼ばれるのも最後(かもしれない)かと思い、言うべきことは全部申し上げておきました。会場には、「難病のこども支援全国ネットワーク」の小林理事、北大産婦人科の水上教授、小児科学会の横田会長、薬害関連の方からネットワーク「医療と人権」の花井理事がおいでになっており、あとはいつもの畠山先生、森兼先生でした(森澤先生は本日欠席)。ご発言はいずれも興味深いものばかりで、他領域のmultidisciplinary meetingの重要性があらためて認識できました。

 桝添大臣からは感染症法、予防接種法の改正を含んだ根本的な感染症行政のみなおし、という力強いお言葉をいただきました。うまくいくといいですが。でも、従来型の空理空論の委員会に比べると、ずいぶん現場の声は届けられたと思います。

 今は新幹線で帰途についています。原稿仕事や明日以降のプレゼン準備と平行して内田樹さんの「女は何を欲望するか」(これはタイトルからは想像もできない重厚な名著)と、浜松町で衝動買いしたヘミングウェイの「日はまた昇る」を同時読みしています。ヘミングウェイは久しぶり。翻訳もよいです。

 電話がかかってきて、明日はまた別の緊急の会議。その後西宮医師会に新型インフルの講演。平日は講演しないのですが、「あの」伊賀先生のご依頼なので、二つ返事で行くことにしました。医師会とのセッションはできるだけ大事にしたいですし。土曜日は広島(これも溝岡先生のご依頼)、日曜日は化療学会のセミナーで東京です。化療学会の催しで岩田がしゃべるんですから、世の中どんどん動いているんでしょう。


新型インフルエンザワクチンのありかたについて

 ワクチンの効果、副作用、もたらすアウトカムについては不明確なことが多いので、この部分で何百万遍議論しても仕方がないでしょう。例えば、厚労省は必要なワクチン数を5300万としていますが、何を根拠に5300万かもよく分かりません。英国では、全国民にワクチンを提供することを目標にしているのです。このような議論がかたまらないまま、どうして必要数が決められるというのでしょう。

 小児、妊婦、透析患者、医療従事者、高齢者、だれにプライオリティーを置くかどうかは、不明確な部分が多いです。科学的なデータを欠いている以上、明確な科学的な正解を模索するより、より納得しやすいコンセンサスを得ていく他はないと思います。集団感染を防ぐのか、個々を守るのか、この両者はオーバーラップしますから完全に分断できるものではありません。いずれにしても、副作用やコストのリスクを凌駕するものかどうかは、分からないと言うより他はないのです。

 いずれにしても予防接種の対象になった方はリスクを背負うわけですから、これを任意接種にすべきでしょう。ただし、ワクチンは無料にすべきで、そうでなければ接種が普及しません。任意接種が自費、定期接種が無料というのは日本だけのローカルルールです。我々の常識が未来永劫の真理、としばしば厚労省は決めつけたがりますが、もっと自分の常識には疑いを持つべきです。10年くらい前、「日本の医者は足りない」とある厚労官僚に申し上げたのですが、「おまえは非常識だ、医者は余っているに決まっている」と俺だけが真理を分かっていると言わんばかりにあざ笑われたことがあります。その言葉が何をもたらしたかは、皆さんご存じの通りです。ワクチン行政については、まだまだ日本だけでしか通用しない常識が我々を縛っています。その点に自覚的であるべきです。

 ワクチンの運用には広報が必要です。厚労省は新型インフル対策に広報のお金を全然使っていません。ワクチンをたくさん買うのも大事ですが、その情報を積極的に提供するのはもっと大事です。どのくらい効き、どのくらい効かないのか、どこが分かっていて何が分かっていないのか、副作用の懸念はどのくらいで、それはどう凌駕されるのか、国民は何も知らないままに誰が接種するかを議論されているのです。我々の多くは何年に地デジになるのか知っていますが、新型インフルワクチンがどのくらい効いて何ほどのものなのか、だれもメディアから情報提供を受けていません。情報提供は自己決定、自己責任の大前提だというのに、です。

 ワクチン運用の縛りはまだあります。ひとつは同時接種の問題です。季節性インフルエンザなど他のワクチンとの同時接種ができなければ、医療現場はさらに枯渇し、また接種者は何度も病院に行かねばならない不都合を被らねばなりません。ここを明言する必要があります。

 新型インフルエンザワクチンだけを議論して、このワクチンの運用は遂行できません。例えば、肺炎球菌ワクチンをもっと普及しなければなりません。私は新型インフルワクチンについては高齢者はプライオリティー的には低めになると思います。しかし、高齢者は無視してよいわけではありません。国の温かいまなざしで、高齢者に意味のある医療をしっかり提供してあげる、肺炎入院を減らし、新型インフル治療のためのベッドを確保する。こうした、よい意味でのトレードオフを提供すればよいでしょう。先日、結核感染症課の課長が日本の肺炎球菌ワクチンは副作用が多く、と不適切な発言をしたそうです。日本のワクチンは外国のものと変わりなく、また、現場では安全に運用されていますのにです。不勉強なままでこのような適当な発言をされては困ります。

 新型インフルエンザの問題は我々にとって厄災ですが、遅れている我が国の感染症事情をつまびらかにする点では意味のあることでした。日本のワクチン行政の質は低いです。でも、今だめなことが愚かなのではありません。今だめなことを認識できず、自己正当化、無謬性の主張に終始してしまう態度こそが、本当に愚かなのです。私は日本の行政がそこまで愚かでないことを信じたいと思います。

2009年8月26日 岩田健太郎 神戸大学

« ことば、時間、空気 | トップページ | 本日のJクラブ »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

ワークショップでは大いに勉強させていただきました。
ワクチンとは「リスクを取る行為であること」この事実から行政までもが目をそむけた結果が「日本脳炎ワクチンの積極的勧奨の中止」という事態を惹き起こしたのではないでしょうか。

積極的に「リスクを勘案する」「ゼロリスクはない」事が周知されていくことを願いつつ、予防接種にお子さんを連れてきた親御さんに「副作用」について訊かれる度に説明をしております。

正しい情報伝達と共有で「インフルエンザワクチン」に関する妙なデマが流れないように願うばかりです。
(インフルエンザワクチンいえば、前橋…)

岩田先生初めまして 県立淡路病院の内科の野村と申します。
 最近話題になっているインフルエンザワクチンの輸入の話・・。副作用とか費用の話だけ取りざたされていますが、世界中がインフルエンザにさらされている今、日本だけが金に飽かしてインフルエンザワクチンを買い占めたら他の国からどのように思われるでしょう。自分の国さえ良ければいいのか?
 また仮に輸入ワクチンが国内製より多少合併症が多いとしても、こういったものはリスクと使用のメリットとのかねあいですので重症か阻止ができるのなら日本以上に必要としている国がたくさんあるはずです。
 WHOも発展途上国へのワクチン提供を呼びかけています。いま日本で準備できるワクチンを有効に使うこと!緊急輸入には倫理的な意味合いから反対です。こういった声が上がらなければ日本人の品位も地に落ちたというべきでしょう。

>私は新型インフルワクチンについては高齢者はプライオリティー的には低めになると思います。

このことをより理解しているのは、「力強いお言葉」の厚生労働大臣でしょうか、それとも「空理空論の委員会」の方でしょうか。

>日本のワクチンは外国のものと変わりなく、また、現場では安全に運用されていますのにです。

「不勉強なまま」の行政担当者にお教えください。この多糖体は、23価でしょうか、7価でしょうか。

>副作用の懸念はどのくらいで、それはどう凌駕されるのか、国民は何も知らないままに誰が接種するかを議論されているのです。

「ワクチンの効果、副作用、もたらすアウトカムについては不明確なことが多い」としたら、それをどのように伝えるべきだとお考えですか。

WSお疲れ様でした.

さっそく戻ってから,保健所との情報交換を提案して来週のはじめに勉強会を実施することが決まりました.
お互いに顔を合わせての話し合いが,以後の不毛なイライラや不満を軽減できると良いな,と期待しています.

ありがとうございました.

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルワクチンについて:

» 新型インフルエンザについて [新型インフルエンザ]
新型インフルエンザの感染拡大が懸念されていますが、新型インフルエンザについての知識や感染予防の方法などを述べてみたいと思います。 [続きを読む]

» 新型インフルエンザに効果のあるマスク [新型インフルエンザに効果のあるマスク]
現在、国内に流通しているマスクのほとんどは花粉や細菌にしか対応できません。TDK-N95は、N95相当素材を使った3層構造でウイルス防止と快適な付け心地を実現。2層目にはN95相当素材が使われているから、新型インフルエンザウイルスに対応、新型インフルエンザ対策としても最適です。海外医院等の医療機関に納入されている実績がその性能を証明しています。新型インフルエンザの症状や潜伏期間と予防対策。鳥インフルエンザH5N1や豚インフルエンザH1N1などの最�... [続きを読む]

» インフルエンザが猛威 [インフルエンザが猛威]
世間では新学期の始まりとともに大変な事態になりつつありますね。香川も例外では無い状況のようです。新型インフルエンザとは?動物のインフルエンザウイルスが変化して人に感染したものが『新型インフルエンザ』です。容易に人から人へ感染して広がり、急速な世界的大流行(パンデミック)を起こす危険性があります。 新型インフルエンザの感染地域などで新型インフルエンザの症状と潜伏期間なども調べます。厚生労働省による感染者数と感染地域などの情報も。新型... [続きを読む]

» インフルエンザが猛威 [インフルエンザが猛威]
世間では新学期の始まりとともに大変な事態になりつつありますね。香川も例外では無い状況のようです。新型インフルエンザとは?動物のインフルエンザウイルスが変化して人に感染したものが『新型インフルエンザ』です。容易に人から人へ感染して広がり、急速な世界的大流行(パンデミック)を起こす危険性があります。 新型インフルエンザの感染地域などで新型インフルエンザの症状と潜伏期間なども調べます。厚生労働省による感染者数と感染地域などの情報も。新型... [続きを読む]

» インフルエンザ 感染 [インフルエンザ 感染]
"厚生労働省は、サージカルマスクをするようにとの注意をサイトに載せていますし、当初のテレビ番組では、N95が効果的であるとか、あちらこちらで色々なことを言っていました。これに関する答えは、専門家にしても実にさまざまで、みなさん、本当のところは良く分かっていない状態が続いているのではないでしょうか。実際のところ、鼻や口以外からも間接的に感染するウイルスですから、どのマスクであっても100パーセント�... [続きを読む]

» インフルエンザ 感染 [インフルエンザ 感染]
"ですから、咳エチケットのところでもお話しましたが、ご自分がどのような風邪であるのかわからずとも、とにかく咳やくしゃみがでたり、熱がでてしまったのなら、マスクを付けていただきたいのです。もちろん、健康体の方々が感染予防のために、マスクをするのは当然のことですし、そうしたほうが良いに決まっているのですが、マスクが品切れ状態になることで、実際に感染が疑われる方々にマスクが行きわたらな... [続きを読む]

» 新型インフルエンザ 感染 [新型インフルエンザ 感染]
"新型インフルエンザが知れ渡った当初、マスクが市場から姿を消してしまい、インターネットのオークションなどで、かなり高値で取引されていましたね。この先も、いつであっても感染系のウイルスの驚異は考えられます。時間のある時に作っておけば、新型インフルエンザのためではなくとも、いつでも使用することが出来ますよ。しかし、流行りが過ぎてしまうとともに、もうそのようなことはすっかり忘れてしまう方々も大勢いらっ... [続きを読む]

» インフルエンザ 予防 [インフルエンザ 予防]
"厚生労働省は、サージカルマスクをするようにとの注意をサイトに載せていますし、当初のテレビ番組では、N95が効果的であるとか、あちらこちらで色々なことを言っていました。これに関する答えは、専門家にしても実にさまざまで、みなさん、本当のところは良く分かっていない状態が続いているのではないでしょうか。実際のところ、鼻や口以外からも間接的に感染するウイルスですから、どのマスクであっても100パーセント�... [続きを読む]

» 新型インフルエンザ 感染 [新型インフルエンザ 感染]
"新型インフルエンザが知れ渡った当初、マスクが市場から姿を消してしまい、インターネットのオークションなどで、かなり高値で取引されていましたね。この先も、いつであっても感染系のウイルスの驚異は考えられます。時間のある時に作っておけば、新型インフルエンザのためではなくとも、いつでも使用することが出来ますよ。しかし、流行りが過ぎてしまうとともに、もうそのようなことはすっかり忘れてしまう方々も大勢いらっ... [続きを読む]

» 新型インフルエンザ 感染者数 [新型インフルエンザ 感染者数]
"N95マスクというのは、米国国立労働安全衛生研究所の定めた「N95基準」の認定を受けたマスクのことを言います。もしかすると、もう生涯、使用することはないかもしれませんが、もしかすると、あるかもしれません。もちろん、一種類だけではなく、いろいろな種類のN95マスクがあります。新型インフルエンザに限らず、さまざまな感染性の飛沫を吸入しないようにするためのマスクであり、0.3ミクロンの微粒子を95%以上もカットする効... [続きを読む]

» ワクチン副作用、国が補償へ? [うろうろドクター]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090826-00000961-yom-soci {{{ ワクチン副作用、国が救済…新型インフルで厚労相 8月26日21時49分配信 読売新聞  舛添厚生労働相は26日、新型インフルエンザ用のワクチン接種によって、副作用(副反応)が出た場合に、被害者を救済する補償体制構築をめざす特別措置法を、衆院選後の国会に提出する意向を明らかにした。  政府は国内生産で不足するワクチンを輸入する方針だが、海外メー..... [続きを読む]

» 新型インフルエンザ 予防接種 [新型インフルエンザ 予防接種]
ですので、決して意味がないということはなく、また、ただの気休めというわけではないのです。これに関する答えは、専門家にしても実にさまざまで、みなさん、本当のところは良く分かっていない状態が続いているのではないでしょうか。ただやはり、マスクをしないよりは、していたほうが、感染する可能性が低くなるということだと思います。... [続きを読む]

» ■■■現役医師全面協力!!新型インフルエンザ対策の『D-セレクト』 [現役医師監修 D-セレクト]
ついに本格的流行! 新型インフルエンザ対策アイテム緊急通販 現役医師が本物のみをおすすめします! いまこそしっかりした対策を! [続きを読む]

» 新型インフルエンザ 対策 [新型インフルエンザ 対策]
最近多い「新型インフルエンザ」のニュース!小さい子供のママとしては鐔さい砲覆襪箸海迴宗鐔¥宗 赤ちゃんや小さいお子さんを持ったママさんへ新型インフルエンザ 対策 情報紹介します!! [続きを読む]

» [医療系Blog][医療]自己正当化、無謬性の主張に終始してしまう態度 [リハ医の独白]
 著名な感染症学者、岩田健太郎氏の発言が興味深い。新型インフルワクチンについて: 楽園はこちら側より。  新型インフルエンザの問題は我々にとって厄災ですが、遅れている我が国の感染症事情をつまびらかにする点では意味のあることでした。日本のワクチン行政の質は低... [続きを読む]

» ■■■実力派通販の『D-セレクト』■■■ [実力派通販]
現役医師全面協力の『D-セレクト』ならではの空前の品揃え! じっくり選んで便利な通販を!! 自信を持って推奨できる! [続きを読む]

« ことば、時間、空気 | トップページ | 本日のJクラブ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ