最近のトラックバック

« 談春の落語 | トップページ | 今日のJクラブ »

今あるリソースを最大限に、肺炎球菌ワクチンを考える。

 

既存のワクチンを最大限に活用することが肝心です。効くと分かっているワクチンが全然接種されていない状態で、臨床試験すらまだ不十分な新型のワクチン(だけ)にすがってはいけないからです。

 季節性インフルエンザワクチンの重要性についてはけっこう議論されていますが、圧倒的に足りないのが肺炎球菌ワクチンです。65歳以上のすべての方、および免疫抑制、基礎疾患のある方に推奨されているワクチンで5年に1回打ちます。米国では65歳以上の住民の70%近くがすでに肺炎球菌ワクチンを接種しています。先日視察した香港では、65歳以上の住民すべて肺炎球菌ワクチン無料で夏の間に積極的に接種していました。香港はSARS以来感染症対策にはかなり力を入れていて、日本よりもずっと進んでいます。

 ところが、日本では65歳以上の5%弱しか接種しておりません。接種対象で未接種の方が何千万人といるのです。任意接種で自己負担なのに加え、再接種が「禁忌」という奇妙な添付文書があるためです(このような添付文書の記載があるのは世界で日本だけです)。

 我が国で肺炎球菌ワクチンを販売している萬有製薬によると、昨年1年間の肺炎球菌ワクチン接種数が27万、今年がこれまで15万で、年間60万の接種予定だそうです。現在国内備蓄が45万、米国のそれが2000万なのを考えると彼我の意識の差は明らかです。

 新型インフルエンザは10代の病気と喧伝されてきましたが、実際に死亡している人のほとんどは40歳以上です。すでに国内でも透析患者、高齢者が死亡しました。基礎疾患のあるかれらこそ新型インフルのワクチン、そして既存のワクチンで守らなければなりません。日本透析医会、日本透析医学会のガイドラインにも透析患者に対する肺炎球菌ワクチンの接種が明文化されています。しかし、現在これは全額自費負担なのです。透析患者さんは肺炎球菌ワクチンを打ちましょう、というメディアからの推奨は(マスクや手洗いと異なり)聞いたことがありません。どうしてなのでしょう。

 また、冬に多い高齢者の肺炎入院を減らせば、その分ベッドが空きます。肺炎球菌ワクチンは実のところ、肺炎予防としてはあまりよいワクチンではありませんが、ICU入院数などを減らすことができると言われています(Arch Intern Med. 2007 Oct 8;167(18):1938)。新型インフルエンザ対策として病床確保があり、兵庫県でもやれ病棟を建てるの病室を建てるのと言う議論がありますが、新しい箱を作っても医療者がいないので意味がありません。既存の病気を減らすのが、一番手っ取り早い「病床を作る」方法です。そして最大の病気の予防策は、予防接種なのは歴史が教えるところなのです。

 ぜひ、国のレベル(政治のレベル)で肺炎球菌ワクチン接種の広報、金銭的な助成、そして「再接種禁止」の添付文書の改訂を進めていただきたいと思います。再接種禁止はずいぶん前から僕たちも要望してきましたが、PMDAなどからの事務的な議論だといろいろ難癖をつけられ、時間がかかって仕方がありません。

« 談春の落語 | トップページ | 今日のJクラブ »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

メーカーさんが再接種禁止の添付文章改訂をしたがるようにはたらきかけるようにするのも手です。
メーカーも売り上げが飛躍的に上がる話ではあるので、悪い話ではないと思います。売り上げや利益もあがりその上社会的貢献もできるとなれば、しない手はないとは思うのですが。
うちの病院にもMRさんがよく来ますので、話してみます。
再接種禁止さえなければ、さらに多くの人に打ちやすくなるんだけどねえ、なんて話をしてみます。

私の会社の後輩でお盆休み中に風邪をひいた奴がいて
ちょっとした騒ぎになってました
今回もマスク買占めみたいなバカなことが起きるんでしょうかね・・・

初めまして。日本では肺炎球菌のワクチンは、生涯に1度しか打てないと聞きました。私はまだ50代です。私は肺が丈夫ではないので、今のうちにワクチンを打ちたいと思ったのですが、生涯1回だと、5年後に免疫が切れたとしても打てなくなるということなので、じゃあどうしたらいいのか?と聞いたら「自分で決めてください」と言われてしまいました。米国などでは2回打てると聞いたのですが、なぜ、日本では1回こっきりなのでしょうか?

>再接種禁止

肺炎球菌ワクチンを接種できるかを病院に問い合わせたところ、このワクチンは一度しか受けられないから、まだ30代なんだし受けなくてもいいんじゃないかと看護師さんに言われました。
肺を手術したことがあり、健康な人よりは肺の機能が衰えているのでできたら受けたいと思ったんですが、一度しか受けられないと聞いてあきらめました。
新型に感染した時に肺炎にならないことを祈るばかりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今あるリソースを最大限に、肺炎球菌ワクチンを考える。:

» 新型インフルエンザについて [新型インフルエンザ]
新型インフルエンザの感染拡大が懸念されていますが、新型インフルエンザについての知識や感染予防の方法などを述べてみたいと思います。 [続きを読む]

» 新型インフル [新型インフル]
新型インフル [続きを読む]

» 花粉99%カットマスクとインフルエンザ対策マスクと違い [豚 インフルエンザ 防疫 対策]
花粉99%カットマスクとネットなどで売っているインフルエンザ対策マスクと何が違うのですが?花粉対策用マスクと、ウイルス対策用マスクとでは、肉眼で見ただけでは分かりませんが、マスクの繊維の粗さが全然違います。ウイルス対策用マスクは、ごく微小のウイルス飛沫をブロックするフィルター性能を備えています。花粉用マスクは、ウイルス飛沫を簡単に通過させてしまいますので、インフルエンザ対策には向いていません。貼�... [続きを読む]

» 新型インフル [新型インフル]
新型インフルエンザ [続きを読む]

» 新型インフルエンザとマスク [新型インフルエンザのマスク通販情報]
新型インフルエンザのマスク通販情報では、新型インフルエンザ対策としてのマスク、売れ筋マスク情報をお伝えします。 [続きを読む]

» マカについて [マカの楽天売れ筋情報]
マカの楽天売れ筋情報では、マカについての情報と楽天マカの人気売れ筋ランキング情報をお伝えします。 [続きを読む]

» 新型インフルエンザ [新型インフルエンザ]
2009年は新型インフルエンザが世界的流行した年になりました。新型インフルエンザの症状や感染した時の対応の仕方などを説明しています。 [続きを読む]

» 新型インフル [新型インフル]
新型インフル [続きを読む]

» ■■■現役医師全面協力!!新型インフルエンザ対策の『D-セレクト』■■■ [現役医師監修 D-セレクト]
ついに本格的流行! 新型インフルエンザ対策アイテム緊急通販 現役医師が本物のみをおすすめします! いまこそしっかりした対策を! [続きを読む]

» 新型インフルエンザとマスク [新型インフルエンザのマスク通販情報]
新型インフルエンザのマスク通販情報では、新型インフルエンザ対策としてのマスク、売れ筋マスク情報をお伝えします。 [続きを読む]

» 新型インフルエンザとマスク [新型インフルエンザのマスク通販情報]
新型インフルエンザのマスク通販情報では、新型インフルエンザ対策としてのマスク、売れ筋マスク情報をお伝えします。 [続きを読む]

» vaccine [ぱふぅ家のホームページ]
vaccine = ワクチン [続きを読む]

» 感染症対策>厚生労働官僚に任せていいのだろうか? [東京日和@元勤務医の日々]
 現時点では、インフルエンザで死亡数は国内で8名と少ないですが・・・これは表向きの数字です。インフルエンザを疑わなければ、単なる肺炎などで死亡ということになってしまうからです。  自分は現在、臨床をしていませんので、わかりませんが、救急病院で働いている同級生の先生に聞いたところ結構A型が出ているようです。(70人検査して10人陽性・・・もちろん陰性でもインフルエンザを発症している可能性があります) ----------------------------- 小児のインフルエンザ脳症で注意喚起、25日... [続きを読む]

» [医療]肺炎球菌ワクチンも品不足 [リハ医の独白]
 高齢者の肺炎重症化予防に効果的といわれる肺炎球菌ワクチンも品不足に陥っている。  新型の豚インフルエンザの国内での流行がピークに近づき、肺炎を併発した高齢者らが重症化するのを防ぐ「肺炎球菌ワクチン」に注文が殺到、ほぼ品切れの状態となっている。知名度が低... [続きを読む]

« 談春の落語 | トップページ | 今日のJクラブ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ