最近のトラックバック

« 耐性季節性インフルとタミフル、リレンザ 統計的有意差、臨床的な「差」 | トップページ | エコール・ド・パリとトキワ荘 »

秋らしいすてきな青空です。空が高い。空気がきれい。洗濯物を干すのが楽しい、そんな日です。

朝食を作って、洗い物をして、ちょっと車を運転して、車内ではノラ・ジョーンズやバド・パウエルを聴いて、シャワーを浴びて、身支度をして、アイロンをかけて、今日はいつもよりずっと遅めの出勤です。通勤途中でヘミングウェイの短編集を読みます。ヘミングウェイはマッチョなタフな小説家とよく言われますが、実は繊細で女々しくいじいじした小説を書いています。簡潔な文章がそれを巧みに覆い隠しているのですが、決して粗野な、無骨な小説家ではありません。セザンヌのような、と表現される美しい文章は、粗野な精神ではかけないのでしょう。人はすぐに表面的な見かけにだまされてしまうのです。「白い象のような山並みや」「十人のインディアン」などは本当に泣けてくる。「日はまた昇る」もよかったです。でも、あれって原題はThe sun also rises. で、「日もまた昇る」のほうが正しいんじゃないか?とどうでもいいことを考えてしまいました。

言葉について考えています。メッセージは届けなければならない。そのためには自分の言葉を持たなければならない。他人の言葉ではない、自分自身の言葉。もちろん、たいていの表現はどこかいつかで誰かが語った言葉のカーボンコピーに過ぎない、という見方もできるでしょう。たとえそうであっても、そこに自分の魂が乗っかっているかそうでないかは、すぐに聴き手には分かってしまうのです。感染症屋はコンサルタントなので、聴き手に自分の魂を運ばなければなりません。それができなければ、いくらばい菌や薬の知識を持っていても、プロとは呼べないのです。

魂が乗っているか乗っていないかは、見る人が見れば即座に分かります。けれど、「どのようにして魂を乗せるか」という方法は、決して他人には教えられません。自分で気がつくより他ない。それより前に、魂を持たない者はプロである資格すらない。技術的に表面的にこそこそやっても、それはプロでいる資格を与えない。

こういうことって研修医には教えづらいです。師を見るな、師の見ているものを見よ、と口の中でぼそぼそっと、つぶやくしか他に方法がない。

« 耐性季節性インフルとタミフル、リレンザ 統計的有意差、臨床的な「差」 | トップページ | エコール・ド・パリとトキワ荘 »

コメント

秋らしい空と、乾いた空気を感じながら書いています。

魂と言葉。大変、興味深いお話でした。
それは、どこに、何に、自分の「魂」を重ね合わせるかによるのかもしれませんね。

「言葉とは、それを使う人の命そのもの」…という英文を、高校の教科書か何かで訳したことがあります。当時はなんとなく、そうなのか、でもなんとなくピンと来ないな、という感じでした。

今は、なるほどな、と思います。つまり、言葉はその人が生きて、人と関わるなかで使われ,それと同時に使う感性を磨かれていくものなのだと。そう私は理解しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 耐性季節性インフルとタミフル、リレンザ 統計的有意差、臨床的な「差」 | トップページ | エコール・ド・パリとトキワ荘 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ