最近のトラックバック

« なかなか便利、、、 | トップページ | 県の会議は終わり »

その通り、だから余計に、、、、

その通り、だから余計に腹が立ち

という川柳があります。人間、本当のことを指摘されるのが一番むかつくものなのです。

さて、村重直子さんは10年以上の古い知己ですが、最近厚労省で大活躍をされています。彼女のような知性とヴィジョン、そして勇気を持った人間が霞ヶ関にいること事態が奇跡的ですし、日本にとってもよいことなのだと思います。外国の事情に詳しいのも強みです。例えば、このような見解も示しています。

http://medg.jp/mt/2009/01/-vol-4.html

さて、未確認情報ですが、彼女の動きを「いやらしく」阻害する動きが厚労省で出ていると聞きました。事実としたら、なんとも情けない話です。こういうネガティブなエネルギーが出てしまうのは、なんともつまらない。

http://www.kimuramoriyo.com/41/post_3.html

村重さんの指摘が事実であるならば、例え愉快な内容ではないとしても貴重なフィードバックとしてありがたく拝聴すべきです。それが自身の成長を助けてくれるからです。厚労省の一番いけないところは、反省しないこと、成長しないことです。いつも同じサイクルでしか、同じ価値観でしか回せていないのです。苦言は成長の糧として、喜んで耳に入れた方がよい。そして、もし事実でないなら、正々堂々反論すればよろしい。

ねちねちと裏で嫌がらせをするなんて、男だったらそんなみっともないことをするべきではない。自分自身を貶め、自分の価値を下げるだけです。もちろん、女だってそうですが。

« なかなか便利、、、 | トップページ | 県の会議は終わり »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

以前書き込ませてもらった若手の技官です。
いつもこのブログを楽しみにしています。

まず最初に、
村重さんは鋭いセンスをお持ちだと思っており、
個人的には注目し、まさに意見を拝聴すべきだと思っています。
しかし、岩田先生のご意見にしては、
軽率な点が目立ちますので、反論させて下さい。

>さて、未確認情報ですが、彼女の動きを「いやらしく」阻害する動きが
>厚労省で出ていると聞きました。
>事実としたら、なんとも情けない話です。
>こういうネガティブなエネルギーが出てしまうのは、なんともつまらない。
まず、これはどこまで事実でしょうか。
仮定を前提に意見を言われるのは一般のブロガーならともかく、
若手の医師を中心に全国的に注目される存在である、
岩田先生のすべき行為だとは思いません。
漠然と「いやらしく」阻害する動きというのであれば、
そんなものは存在しないと思います。
残念ながら、存在しないものをないと証明することは僕にはできません。


http://www.kimuramoriyo.com/41/post_3.html
これは木村盛世さんのブログです。
私は村重さんのロハスメディカルの記事について、
直接抗議し、議論させていただきました。
なぜなら、事実誤認と考えられる点があること、
リスクコミュニケーション、公務員倫理という点から問題があると思ったからです。
さらに頭に来たことも伝えましたし、
問題意識を共有するためにロハスメディカルの記事と
頭に来たことをメールで若手の職員に伝えました。
このことを指しているのだと思います。
これを部分的に取り出し「顔も見えない嫌がらせ」と
表現しているのだと考えられます。

私たちは公務員ですから、
自分の個人的な意見を軽々に世間に表現することは出来ません。
とくにリスクコミュニケーションに関わるところですから、
その点においての配慮も必要だと考えます。
しかし、一方で議論は活発にすべきだとも考えており、
私は村重さんと直接お話をさせていただきました。
その結果、そのやりとりの一部だけを部分的に取り出し、
その部分に岩田先生がこのようなエントリーを書かれているのです。

今や、桝添厚労大臣に直接意見をする立場でもある岩田先生が、
リテラシー能力が欠如しているとは思いたくもありませんが、
一個人のブログに対してこのような反応をされたことが意外でしかたありません。


>村重さんの指摘が事実であるならば、
>例え愉快な内容ではないとしても貴重なフィードバックとして
>ありがたく拝聴すべきです。それが自身の成長を助けてくれるからです。
>厚労省の一番いけないところは、反省しないこと、成長しないことです。
>いつも同じサイクルでしか、同じ価値観でしか回せていないのです。
>苦言は成長の糧として、喜んで耳に入れた方がよい。
>そして、もし事実でないなら、正々堂々反論すればよろしい。
概念としては全く同感です。私もそう思います。

ただ、お願いですが、
村重さんが書かれたサンデー毎日の記事を確認して下さい。
タイトルは
 「厚労省は感染対策計画を放棄していた」
 「入院患者ドミノ大量死の恐怖」
です。
そして内容としても、
 「医系技官がワクチン輸入拡大に反対する動きがあるが、
  国がすべきことは、米国のようにワクチン確保の一点に尽きます」
などとあります。

まず、リスクコミュニケーションと公務員倫理という観点から問題があると思います。
たしかにインタビュー記事であり、全てが彼女の文責では無いのかもしれません。
しかし、国家公務員でもあり医師でもある立場の人間がした行為として、
結果的に世間にこのようにパブリッシュされているのです。
どのように評価すべきでしょうか。
岩田先生が大学教授ですから、自分の医局員がこのような行為をしたときに、
どのように対応されるのでしょうか。
内容は内容としてきちんと受け止めるにしてもです。

内容についても何点か疑義がありますが、
ご紹介させていただいたワクチンの確保の点だけでも
これは科学的に、政策的にそこまで正当性のある意見なのでしょうか。
自分はインフル担当ではなく浅学で申し訳ないのですが、
それでも私が知っている範囲では、
ワクチンの国民全員分の確保を目指しているのは一部の先進国だけですし、
そもそもWHOは国の間での公平性をうたっているはずです。
この点においても岩田先生の御意見も同じなのでしょうか。

つまり、表現方法や手法および内容について不適当と考えられるものを、
一方的に公務員でもあり医師でもある立場の人間が、
このような方法や個人的な方法でしか反論できないような
メディアに露出させているのです。
私は全くフェアではないのは村重さんの方だと思っています。
しかし私は嫌がらせなどするつもりは全くありません。
内容として共感できるところはそのように伝え、
技術的に疑義があるところは議論し、
フェアでないと感じるところは苦言を伝えるだけです。
しかし、このような行為を、「顔も見えない嫌がらせ」と見なして、
またネットなどを通じて世間に流布するのであれば、
それこそ技官同士でさえ議論すること自体を封殺しているのだと思います。

>ねちねちと裏で嫌がらせをするなんて、
>男だったらそんなみっともないことをするべきではない。
>自分自身を貶め、自分の価値を下げるだけです。もちろん、女だってそうですが。
今まで伝えたように事実がまず確認されていません。
少なくとも自分の認識する限りでは、
組織としても個人的にもそのようなことが、
起きているとは思いません。

もしかしたら私の行為をこのように表現されているのかもしれませんが、
個人的な議論や行動までこのようにネット上に切り取った形で流布し、
それに岩田先生のような方まで反応されるのであれば本当に残念です。

以上、まとまりませんが意見を述べさせていただきます。

以前も述べましたが、
私は研修医時代から先生の本を読んで
感染症を正しく学ぶ必要性を学びました。
またブログ等の発言もいつも勉強になると思って注目しています。
行政に関しても普段は苦言は呈されても、建設的なものだと思っておりました。

ですから、このような軽率なエントリーをされていることが本当に残念でなりません。

以上です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その通り、だから余計に、、、、:

« なかなか便利、、、 | トップページ | 県の会議は終わり »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ