最近のトラックバック

« 亀田でのJクラブ | トップページ | 1回か、2回か、の議論 »

やはり毒性は強い? animal in vivo data

Natureから神戸大の新矢先生たちの論文。これは画期的。

・豚由来H1N1(CA04)は、人のH1N1に比べると、マウスやフェレットではより強い病理学的な病変を作る。
・抗ウイルス薬は効くみたい。
・1918年のH1N1に交叉反応する抗体が、、、、

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature08260

NEJMでも引用されていました。

http://h1n1.nejm.org/?cat=31

« 亀田でのJクラブ | トップページ | 1回か、2回か、の議論 »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

ヒトのインフルエンザウイルスを、ほかの動物に感染させたり、鳥や豚のインフルエンザウイルスを異なった動物に感染させたりするのは、本当に成立することなのかな? ウイルスを微生物(バクテリア)のごとくに錯覚混同してませんか?

↑それがまさに起こったavian/swine influenzaということはご承知の上でのコメントなんですよね?よくわからない・・・それがヒトにおこることを正しくモデル化できているかについての疑問ならわかりますが、成立するのかって、成立したから論文になってるんじゃないですかね。

いずれにせよNEJMのほう(journal watchを無料で読ませてくれる方)を見ると、「マウスやフェレットというのは昔からヒトインフルエンザウイルスの感染の経過予測をうまくできるモデル動物として知られているが・・・」てな書き出しになっていますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり毒性は強い? animal in vivo data:

« 亀田でのJクラブ | トップページ | 1回か、2回か、の議論 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ