最近のトラックバック

« 久しぶりに、ワインネタ | トップページ | マッチング »

原稿は読んでもよい

ACIP会議では一般の参加者が発言できるのがとても興味深かったです。さらに面白いな、と思ったのは、多くの発表者が原稿を書いてそれを読んでいたことでした。たとえば、髄膜炎菌感染症で家族を亡くした患者代表は、自分の子どもがどのように発症し、手足が壊死して切り落とされ、そして死に至ったか、というような内容を原稿にまとめて朗読していました。

何年か前の、あるエイズの学会で、患者代表が「私をここまで生かしてくれてありがとう」という内容のスピーチを朗読したときもそうでした。発表後は拍手の嵐、スタンディングオベーションで、聴衆の目には光るものすらありました。

問題は、朗読しているかそうでないか、ではありません。言葉に自分の魂が乗っているかどうか、が大事なのです。長田弘的に言うと、「言葉のダシ」というやつです。

こないだ、某発表会で原稿を読んでいた、ということで発表者が非難されていました。問題の本質は、そこにはないのだけどね。本質と形式の取違はオムニプレゼントで、これは僕にとってとても苦痛です。大学ってそういうとこ。

« 久しぶりに、ワインネタ | トップページ | マッチング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/31995144

この記事へのトラックバック一覧です: 原稿は読んでもよい:

« 久しぶりに、ワインネタ | トップページ | マッチング »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ