最近のトラックバック

« やったぜ! | トップページ | 機内で、、、、 »

あきらかに、、、

ショックの患者を診ていてばたばたしている間に、東京から電話、、で慌てて夜の会議に。

ふがが、昨日の会議がもうアップされている。しかも要約なしで、詳細に、、、、ロハス、恐るべし、、、うかつなことはいえません。

でも、こういう報道はへんな要約やねじ曲げを避ける意味でとてもよい報道の仕方かもしれません。僕が新聞から離れていっている理由もここにあります。インターネットに紙面スペースの制約はない。ここに曲解、ねじ曲げの言い訳が入る余地が無くなる。

僕の反省としては、まず医療従事者100万人、というデータが出たとき、「それはどういう根拠か?」と問いたださなかったこと。ここは甘かったです。もうひとつ、10mlのバイアルの話が出たとき即座に反対すべきでしたが、これに回答するのにもタイムラグがあり、厚労省への疑義が遅れました。猛省しています。たくさんの議論がばーっと出る中で、個々の議題にきちっと突っ込みを入れるセンスと能力とガッツが必要なのですが、それが足りなかったのです。

これまで、絶対に、絶対に、絶対に謝罪をしなかった厚労省ですが、足立政務官が会議の冒頭で情報の混乱について謝罪したのは英断でした。足立政務官=厚労省ではないにしても、立派な判断だったと思います。このことだけでも、あきらかに世の中は前進しており、政権交代とはこういうことだったのか、と得心する次第。

学生時代にほとんどあこがれのヒーローだった尾身先生たちと対立構造を築くことが本意なのではありません。今でもすごく尊敬してますし、「たたき」の構造に組み込まれてしまうのは僕としてはとても不本意です。もちろん。厚労省とも対立構造を築きたいわけでもありません。むしろ、信頼し合うプロとして、だからこそ忌憚のない意見を交換したいだけです。フランス人はイギリス人を「食べ物に関して全く無関心」と揶揄し、イギリス人はフランス人を「朝飯を食べているときに昼飯の献立を考えている奴ら」と返します。仲がいいから、こういうことを広言できるのです。なんとならば、日本の隣国に、このような発言をしたら大問題でしょ?本質的に仲がよくないから、牽制しあって口をつぐむしかなくなるのです。

会議の後で、厚労省の方とこのような会話をしました。これがほとんど、要約です。

「厚労省ががちがちルールを作らず、オプションを用意すべき、現場で決めるべき、と岩田はいうが、それは丸投げだと現場から文句が来る」
「選択肢があり、情報が開示されれば現場で決める方がベター。現場のことを厚労省に決めてくれ、とだだをこねるのはプロの医師として、あるいはプロの行政官として恥ずかしい態度です。現場は、甘えてはいけない。千葉県のように厚労省の指示がないと一歩も動けないような、幼児的な態度は困る。プロならプライドを持って仕事をすべきです。厚労省は、これまでのように情報を隠蔽することなく、全部開示して欲しい。あとは患者と医師が現場で決めればよいこと。日本の医師も成長しなくてはならない。おかみがルールを作って全部指示してくれ、というのはプロではないのです。裁判で訴えられると怖いから、厚労省のガイドライン通りに医療、というのも恥ずかしい。我々は現状に合わせてルールを作るのではなく、未来のあるべき姿を見据えて議論をすべきです。厚労省はそのような矜恃あるプロの足を引っ張るのではなく、支援をするのが大事なのです」

« やったぜ! | トップページ | 機内で、、、、 »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

率直に言います。

ロハスメディカルの記事を読んで、尾身先生に不信感を抱きました。

"次がこの人。卒業後しばらくは離島で臨床に従事していたようだが、その後は役人になって、それから国の金でWHOに行っていて臨床には一切タッチしていない。何のことはない、この人も役人だ。"

この様な、素人同然の方が新型インフルエンザの対策に関わっていて良いのだろうか。この国は本当に大丈夫なのだろうかと思いました。

そして、足立政務官が岩田先生の方々を読んで、ヒアリングされると聞いて、「素人同然の医師と、医系技官が牛耳っている日本の新型インフルエンザ対策に、真の専門家の方々が切り込みをいれる」のだと思いました。


このエントリーを読んで、自分の間違いに気が付きました。

>学生時代にほとんどあこがれのヒーローだった
>尾身先生たちと対立構造を築くことが本意なのでは
>ありません

尾身先生も、感染症に関する「真の専門家」であり、今回、話題に上っていることは、専門家同士の意見の相違であり、専門家同士の議論なのですね。


自分の間違いに気が付きました。このようなエントリーを書いて頂いて、感謝しております。

各医療従事者の努力が試されているのだと思います(もちろん簡単ではありません)。大学病院でできる対応策と小さな開業医でとることのできる対応策はおそらく異なります。インフルエンザの議論で施設間の対応の限界についてはなかなか議論されません。だからといってお上の決定のみに従うパターナリスティックな姿勢では現実的に対応の限界が来てしまいます。だれかにおまかせ思考から抜け出す必要があります。

例をあげると先日のCDCの推奨はいまでもHCWはN95マスクを着用することとしています。しかしながらこれをすべての HCWに行うことはプラグマティックではないのです。N95マスク不足は懸念されますし、結核の患者が来院した時にN95マスクがなくては大変です。私の勤務する病院ではドロップレットプレコーションでいきましょう(挿管などの際はN95です)と決定しました。つまり推奨はCDCにあれどそれをどう吟味して自分の病院にアプライするかは皆で知恵を集めて決定しているのです。お上の推奨にしたがって疲弊しパンクすることより、自分たちのできる限界を見定めた実践的な決定と施行に意義があるのです。

申し訳ありませんが
基本的に議論の中ににお上という用語を使用する時点で現代の感覚としてずれています。
まず、お上という言葉を使用しないことが第1です。

建設的で真摯なご議論ありがとうございました。
本当にお疲れ様でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あきらかに、、、:

« やったぜ! | トップページ | 機内で、、、、 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ