最近のトラックバック

« 不明熱のDVD | トップページ | 小児接種前倒し »

欧州の医学教育

10月発行の「医学教育」において、海外の医学生教育の視察報告があります。オランダウオッチャーの岩田としては、オランダのシステムをまず読み、それからドイツやスペインのそれを読むことにしました。

よく言われる日本のメディカルスクール制への提言ですが、あれは18歳で医師という進路を決めるのは早すぎる、それが日本の医師の適性を低めている。という論旨です。しかし、ちょっと考えてみるとこの論考はおかしい。

1.オランダなど、多くの国では高卒後6年制である。ペルーのように8年制の所もあるが。
2.これらの国の医師がとりたてて非倫理的であったり未成熟である、というはなしは聞いたことがない。
3.むしろ、僕の経験や欧州の医師からのコメントだと、メディカルスクール制をとっているアメリカの医師の方が「childish」にみえる。曰く、すぐ金の話をする、すぐ自分の権利ばかり主張する、議論が薄っぺらく、白か黒か、フェアかアンフェアかでしかものを考えない、我慢が出来ない、など。スマートだが、深みがない(例外はたくさんあります。勤勉でない日本人もたくさんいるのと同じように)。
4.大学に長くいると、人がより成熟する、という前提そのものがそもそもおかしい。普通は逆ではないだろうか。

ときに、今回は「視察報告」のわりには情報量が少なくてちょっとがっかりです。制度的な紹介が多くて、こんなのインターネットとメールでいくらでも得られる情報に見えます。実際の医学生や医師とインタビューしたりして、もっと熱い息吹が感じられる報告ならいいのに、わざわざ現地に行くのだったら。

僕の経験では、日本の「視察団」は見学し、説明を受けるだけで質問をしない。問題点を掘り起こそうとしない。表面的な解説で、満足してしまう。そういう傾向にあると思います。アメリカや中国にいたときは、こういう「視察団」のお世話を何度もしたので、、、、でも、どうせ向こうはいいことしか言わないですよ、そういう構造では。

形式ばかりにとらわれて、問題の根っこをつかみ取ろうとしない。これは日本のあらゆるセクションに見られる悪弊です。学校教育から、学び覚えるだけで、考える訓練を受けていないからで、自分の知識構造の作る世界の中で満足してしまっている。「なんでも知っている、なんでも分かっている(つもりの)」秀才ばかりが増えていく。

むしろ、増えるべきは「私には何も分からない、理解できない、納得いかない」と言える人なのに。

« 不明熱のDVD | トップページ | 小児接種前倒し »

journal club」カテゴリの記事

コメント

 最近思うのですが、自分から見に行くなら良いところは事前に勉強していけますから、現地では問題を見つけることに専念することができるように思います。

米国の医師がchildishなのは大学4年+医学部4年のシステムの結果なのでしょうか?日本でこの制度を導入しますと同じ現象がおきるのでしょうか。

 こんばんは。11月8日の講演会は楽しくあっという間に
 終わってしまった感じです。
 あのときに確認できなかったのですが、 
 最近、学級閉鎖、学年閉鎖が多く、
 わが子の通う小学校でも日に日に増えています。
 学級(学年)閉鎖該当児童は、その期間(だいたい4日間)
 自宅待機と言う指示の旨のお手紙が学校から配布されま  すが、その間は習い事(スポーツ、習字、水泳等)も休むべ きなのでしょうか?

 うちの子がかかりつけにしているクリニックはインフルエン  ザ等の感染症でも「薬のみ終わったらもう一度診せにきて」
 と必ず言われます。
 このような場合はやはり先生の指示通りにした方がよいの でしょうか?

 以上、本当に初歩的な質問ですが、お時間あるときに
 ご回答頂けると助かります。
 よろしくお願い致します。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/32077847

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州の医学教育:

« 不明熱のDVD | トップページ | 小児接種前倒し »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ