最近のトラックバック

« 今週のMGH | トップページ | 「治療の手引き」を読む(HIV) »

情念とエビデンス

EBMのかなりな使い手でも、こと教育になるととたんに盲目的に情念が優先してしまいます。結論と根拠がひっくり返る現象が普遍的に見られます。不思議ですね。

まあ、教育学やその背後にある心理学のデータが、「いわゆる」エビデンスと親和性に乏しいからかもしれません。それにしても、国内外でも相当な専門家があやふやなデータを針小棒大に語っているのは驚くばかりです。

さて、デーゲンの「フロイト先生のウソ」を読みました。やたら粘着的な文体で読みにくく、データの開陳もよろしくなく、ついでに邦題もへんてこです。できれば引用部分に番号をつけて、元論文を明示して欲しかった。ただ、エッセンスとしては面白かった。他の本とも比べて、以下の点が面白かったです。

・心理療法はほとんど臨床効果がない。
・子どもの人格に親の教育、あり方などはほとんど影響を与えない。
・幼児期の体験は大人になったときの人格を決定しない。
・環境より遺伝のほうが性格形成には大きく寄与。
・子どもの時に虐待を受けると、大人になったら虐待者になる、はウソ。
・子どもの時に愛されないと良い母親になれない、もウソ
・長男、次男、という生まれた順番が性格を形成するというエビデンスは乏しい。
・教師の期待が生徒を伸ばす、ピグマリオン効果はウソ
・モーツアルトを聴かせても頭はよくならない。
・スーパーラーニングはない。

ついでに、フォトリーディングやNLPについても興味があったので個人的に検証してみました。pubmedとwikipediaから興味深い話が見つかったのでした。
こういう領域を扱ったUpToDateのような二次情報ツールがあればよいのにねえ。

« 今週のMGH | トップページ | 「治療の手引き」を読む(HIV) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/32474162

この記事へのトラックバック一覧です: 情念とエビデンス:

» [web]「親のせいにするなっ!!」を証明するには… [「健康リテラシー」 kenkotaroの日記]
有名な岩田健太郎先生のブログ「楽園のこちら側」で大変勉強させていただいています。 http://georgebest1969.cocolog-nifty.com/blog/ 12月3日更新分では「情念とエビデンス」というタイトルで「フロイト先生のウソ」 (文春文庫) が取り上げられていました。抜粋の抜粋にな... [続きを読む]

» [web]「親のせいにするなっ!!」を証明するには… [「健康リテラシー」 kenkotaroの日記]
有名な岩田健太郎先生のブログ「楽園のこちら側」で大変勉強させていただいています。 http://georgebest1969.cocolog-nifty.com/blog/ 12月3日更新分では「情念とエビデンス」というタイトルで「フロイト先生のウソ」 (文春文庫) が取り上げられていました。抜粋の抜粋にな... [続きを読む]

« 今週のMGH | トップページ | 「治療の手引き」を読む(HIV) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ