最近のトラックバック

« 専門性ということ | トップページ | 引用文献の使い方について »

お正月と言うことで

お正月は池波文学。鬼平犯科帳を読みました。よいですね、こういうのも。

それと、読めなかった「古代哲学」を読破。「素人」たる哲学者のソクラテスのあり方など、非常に興味深い論考でした。前回の素人、専門家論に一石投じる、かな。

文楽を観に行きました。先代萩、寿連理の松、日高川入相花王とどれもすばらしい内容でした。特に、先代萩は最初かったるいな、長いなと思っていたのですが、クライマックスへの怒濤の流れへの伏線だったのですね。びっくりしました。人間の「情」の深さや複雑さも見事に表現されており、東のシェークスピアを想起させました。

おせち料理って嫌いだったのですが、これも好きになったのが今年の発見でした。僕は今年、ローストビーフ作りました。人間の価値観とは、いついかなる時にも揺さぶることが出来るようです。

結局去年からもちこしの課題が山ほど残りましたが、それもあまり気にならなくなりました。ま、一人が一生で出来る仕事なんて結局たかがしれてますから。

« 専門性ということ | トップページ | 引用文献の使い方について »

本、映画、その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/32845784

この記事へのトラックバック一覧です: お正月と言うことで:

« 専門性ということ | トップページ | 引用文献の使い方について »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ