最近のトラックバック

« 春の宣伝(新刊) | トップページ | 医師国家試験の合否発表日は遅すぎる »

臨床研究のABC(名郷先生)

ある雑誌に頼まれて、書評を書きました。これは良い本です。

明日から臨床大好きなあなたも、臨床研究したくなる。

神戸大学 岩田健太郎

 本稿は名郷直樹先生の「臨床研究のABC」の書評である。本書は素晴らしい。どのくらい素晴らしいかというと、僕は読了後、無性に臨床研究をやりたい情熱に駆り立てられて、今メタ分析をやっている。そのくらい素晴らしい。
 メタ分析のためにある薬に関する論文を検索する。医中誌WEBで検索する。引っかかってくる論文の大多数が動物実験と症例報告である。症例報告のほとんどが「○○が××に著効した一例」である。成功体験、武勇伝である。しかし、成功体験をいくら積み上げてもメタ分析は出来ない。一例報告なら「失敗例」のほうが何百倍も価値が高い。勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなしなのだが、我々の領域は不思議な武勇伝に満ちている。必要なのは、明日からのプラクティスに役立つ「臨床研究」である。武勇伝ではない。本書の言う「耐震偽装論文」(本書7ページ)でもない。
 名郷先生はEBM(evidence based medicine)の大家だが、EBMには5つのステップがある。最初のステップは疑問を持つこと(問題の定式化)。疑問を持つこととは、分からないことに自覚的であることである。しかし、我々はしばしば「分かったつもり」になってしまい、日々の診療を流してしまう。
 丁寧に内省すると、臨床現場は「分からないこと」に満ちている。「信じていた常識」が意外に「根拠のない神話」だったりする。もちろん、分かっていないからといって診療止めるわけにはいかない。幕が開いたらショーは続けなければならないのだ。分かっていないことに自覚的であり、そしてだましだまし診療をする。「俺は自分を騙し、患者もごまかして、いまこのよく分からない薬を処方している」という「騙している自覚」が大事である。だましだましの自分に嫌気がさしたら、そこが研究の萌芽である。これが順番である。臨床家にとって研究は結果であって目的ではない。
 だから、通俗的な意味での「僕は臨床が好きだから研究はやらないよ」ではないのである。臨床が好きで好きでしょうがないから、その結果研究するしかなくなるのである。
 あと10年経ったら、医中誌を検索しても動物実験と武勇伝ばかり、、、でない日本になっているよう願っている。本書が、その一助となることは間違いない。

« 春の宣伝(新刊) | トップページ | 医師国家試験の合否発表日は遅すぎる »

本、映画、その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/33968228

この記事へのトラックバック一覧です: 臨床研究のABC(名郷先生):

« 春の宣伝(新刊) | トップページ | 医師国家試験の合否発表日は遅すぎる »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ