最近のトラックバック

« ラカンはわからん、か。 | トップページ | 教育環境日本一は音羽病院 »

上を見ろ、下を見るな

何かを進めることが出来る人は、怒っている人です。現状に対する不満がなければ、進歩もない。もちろん、不平を言っているだけではダメで、他人に愚痴っているだけでもダメで、自分に出来ることは全部やらねばならない。そのうえで、不平。

昨日、訪問した病院は血培2セット率が93%。当院は50%ちょっと越えたところ。ここで喜んでいてはダメ。2007年の血培ガイドラインには、1セットの血液培養は「不適切」と書いてある。片肺のレントゲン写真のようなもの。胸部写真で片肺しかうつってなかったら、ふつう怒るでしょ。

半分近く不適切なのを、「採りにくい人がいるから」「小児を除けばちょっとあがるかも」「他の大学病院はもっとだめ」なんて言っていてはいけない。半分近く不適切なのに慣れてはいけない。

常識と非常識は区別しなければならない。できない言い訳ではなく、出来るための条件を言わねばならない。大学病院は良い病院になれないとか、なれなくてもよいとか、なれないのは仕方がないとか、微塵にも思ってはいけない。平均点で満足してはいけない。となりの病院と比較するなんてみみっちいことを言ってもいけない。医療機能評価程度の査定に満足してはいけない。彼らは何も、見ていない。大事なものは、そこではない。

今の常識を将来の常識と勘違いしてはいけない。今の方法論が未来永劫の方法論と決めつけてもいけない。上を見ろ、下を見るな。過去を見るな、未来を見据えよ。プライドと自己満足を混同するな。

というビジョンをもって、毎日出来ることをやる。できるところからやる。慌てなくても良い。三歩進んで二歩下がるでも良い。妥協も良い。打算も良い。回り道も結構。でも、現状維持の言い訳にしてはいけない。高い理想を持って泥の中を這い回るのだ。ただ目をつぶって這い回ってはいけないのだ。

« ラカンはわからん、か。 | トップページ | 教育環境日本一は音羽病院 »

感染症」カテゴリの記事

コメント

今の職場で『出来ることをやらないのは罪だ』と口酸っぱく言い続けて早四年

先生の仰ることと通ずることがあるなと思いコメントさせて戴きました

当院の血培施行率は一般病棟でやっとこさ20%になったところです

精神科病棟にいたってはコンマ…てな感じです

サイクリングしたあとどうしていいのか解らなくなり血培オーダー…

肺炎に二ヶ月(!)サイクリング後…

それでもひと月に他の培養はあるものの血培ひと桁なんて状態だったので少しはよくなったのかと思っています

勿論さらに上を目指し私の口は止まらないでしょう

当院は出来高算定しておりますので次回診療報酬改定におけるグラム染色+15点、培養+10点、血培は+20点(!!)ですので前倒しで追い風となりオーダーが増えております

感染症チームにも点数がつき体制づくりに遅ればせながら運営会が本腰入れて議論を始めました

点数後追いばかりしている悲しい組織です

前回改定の早期リハビリ、今回の感染症チームや聖路加の呼吸器ケアチームのように先進的な取組みには報酬が後からついてくる訳ですから基礎を固めてほしいものです

沼地に家は建ちません


長々とコメントさせて戴き申し訳ございませんでした

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上を見ろ、下を見るな:

» 医療秘書の求人 [転職求人]
医療秘書の求人についてです。医療秘書は医療事務の仕事を兼務する場合もありますし、 [続きを読む]

« ラカンはわからん、か。 | トップページ | 教育環境日本一は音羽病院 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ