最近のトラックバック

« まだ息は白い | トップページ | 春の宣伝(新刊) »

新型インフルエンザをまだ、考える

日本では新型インフルエンザに罹患した人が(罹患、の定義にもよるが)だいたい、2000万人くらいである。これを書いている時点で、死亡者が200人くらい。(いわゆる)致死率はしたがって、10万人にひとり、0.001%となる。それにしても厚労省のHPはこの1年で本当に見やすくなった。すごい進歩ですね(うちのHPが全然進化しないのとえらい違いだ、、、)。

アメリカでは罹患者が(だいたい)6000万人くらい。死者が12000くらい、である。致死率は0.02%、日本の20倍となる。

これが、なぜ起きたのかは、よく考えてみる必要がある。

少なくとも、致死率そのものは検疫や学校閉鎖で低くなることはないと思う。率ですからねえ。理屈は付けることができるけど、少なくとも証明は無理だろう。いずれにしても寄与するところは小さいに違いない。

では、タミフルか?タミフルが、死亡率減少の全てである、という理屈を僕は受け入れることに困難を感じる(証明は、今はできないけど)。感染症において一つの要素が要素の全て、はまれだからである。アメリカと日本では交絡因子が多すぎて、大きすぎて、そのような結論を導くのは困難だからである。不明確な要素が多すぎる。不明確なものは「分からない」と言うのが誠実な態度だ。分かったふりはしてはいけない。

仮にタミフルが以上の結果をもたらしたとすると、ARRは0.02-0.001=0.019、NNTは5000人以上となる。そういうものだろうか???

アメリカでは重症例でもタミフルを飲んでいないものもいた。死亡率の高いところにインターベンションをかければ、死亡率は低くなる。ここではないか?外来で元気にしている患者全てに、(感染症学会が言うように)タミフルを処方する。死なない人に薬を出して、果たして死亡率が下がるものだろうか?

ちなみに、ちょっと練習問題としてRで遊んでみました。
x <- matrix(c(19999800, 200, 59988000, 12000), nc=2)
> chisq.test(x)
    Pearson's Chi-squared test with Yates' continuity correction

data:  x
X-squared = 3550.115, df = 1, p-value < 2.2e-16

 アメリカでの死亡率は、確かに日本のそれよりずっと高い。まあ、厳密には上限下限などいろいろな条件で入力するべきだが、たぶんボトムラインはかわらんだろう。
 これは発症者のうちの死亡者のデータである。疾患の予後に関するデータである。ここが大事である。
 かつて、アメリカと日本の健康指標の違いは医療の質の差というより生活環境や社会の仕組みの違いじゃないか、という意見を聞いたことがある。それは、一理ある。まあ、医療制度も社会の仕組みなので線引きは難しいが、いずれにしてもアメリカの医療は新型インフルエンザ診療において日本ほどのアウトカムを出していないことが、明々白々である。ここまでは、よいだろう。我々がアメリカ的価値観でもし医療を切るのであれば、大事なのはアウトカムだ。そういう観点から行くと、かつてどこかであったようにアメリカ医療の模倣が理想、ということはインフル診療という観点からは絶対にあり得ない。
 そんなことは僕はメールマガジンで10年も前から言っていたのだが(それをまとめたのが「悪魔の味方」)、いまだに「岩田はアメリカシンパで、日本をアメリカのようにしようとしている」という陰謀説が後を絶たないので非常に迷惑している。そういうことを言う人に限って、僕の本を読んだこともなければ会ったこともない奴らだ。経歴だけ見て人を判断しようとするから、そうなる。履歴書でその人物が分かることはほとんど(絶対とは言わんが)ない。加えて、高齢者はしばしば頑迷で、一度信じ込むとどんなに口を酸っぱくして否定しても全然聞いちゃくれない。もともと人の話を聴くのが嫌いな人も多い。
 ケナンの「アメリカ外交50年」や、ハルバースタムの「ベスト&ブライテスト」を読むと、アメリカが「思い込み」と「ヒステリー」で戦争をしかけてしまうことが多いのが分かる。ヒステリーと思い込みでスペインと戦争をし、ベトナムで戦争をして、(最近は)イラクを攻め込んだ。思い込みが強く、ヒステリーに陥りがちで、雰囲気でものを決めて、人の話を聴かない。日本とアメリカは、意外に似たもの同志なのですね、たぶん。

« まだ息は白い | トップページ | 春の宣伝(新刊) »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

私は岩田先生がアメリカのシンパでないことは理解できますし陰謀説は理解できません。(おもしろいですけど)
ただ、表面的な肩書や資格はどうでもいいのですが、岩田先生という方が何者であるか正直理解できません。岩田健太郎(先生)とは何者かというようなロングインタビューなどはないのでしょうか
特に岩田先生の10代に鍵があるとにらんでいます。

話しはぶっとびますが皆様御存じのように北里柴三郎氏もなぞの多い人物でした。

こんばんは、
いつも勉強させていただいております。
米国では日本と比べると

・受療行動のタイミングが遅い。
・重症化しないものは受診しない。

傾向があると思っていて、それで説明付くと思っておりました。
日本にあって米国にない良い面も明確になって認められる時代が来るといいなと思いました。
ありがとうございました。

アメリカでの死亡が多いのは、タミフルが妊婦にもOKだったり、一回の投与量が日本の倍までOKなのが、原因なのではないでしょうか?

明確になっていないことがまだ多いという前提には賛同いたします。その上で、

>アメリカでは重症例でもタミフルを飲んでいないものもいた。死亡率の高いところにインターベンションをかければ、死亡率は低くなる。ここではないか?

感染症学会の考え方を批判的に評価するためには、「重症例はタミフルを飲むと死亡率が低くなる」という点以外に、「早期にタミフルを飲むと重症例の発生率が減るか否か」という点も疫学的に検証が必要であるように思います。

>少なくとも、致死率そのものは検疫や学校閉鎖で低くなることはないと思う。率ですからねえ。

まず、年齢別の罹患率(感染者中の年齢構成)から検討する必要があるように思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザをまだ、考える:

« まだ息は白い | トップページ | 春の宣伝(新刊) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ