最近のトラックバック

« 堕落して弛緩して、、、 | トップページ | 上を見ろ、下を見るな »

ラカンはわからん、か。

ラカンの精神分析 新宮一成

むずかしいラカンだが、ようやくすこし切片に触れてきた感じ。いくつか印象深い言葉

すなわち、人格とパラノイアは同じものだというのである。

対象aの代表格は、乳房、糞便、声、まなざしの四つ組である。

a=(ルート5-1)/2
で、この値は黄金数(黄金分割比)である。
私が他者をどう見ているかということが、私が全体の中で何であるかということに等しくなる。

神様が僕を見るように、僕が彼女を見てあげることができるとき、僕は彼女を愛しているのだ。  愛の神様に超越的視点を担ってもらって、僕の気持ちを解く方程式、、、、アガペーとエロスの幸いなる一致。

レヴィ=ストロースはラカンのセミネールに、、、、、彼はラカンの話が「正直言って全然分からなかった」そうである。

自分を分析家だと思っている分析家は、自分を分析家だと思っている精神病者と同じだけ、気が狂っている。

愛とは、持っていないものを与えることである。

« 堕落して弛緩して、、、 | トップページ | 上を見ろ、下を見るな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラカンはわからん、か。:

« 堕落して弛緩して、、、 | トップページ | 上を見ろ、下を見るな »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ