最近のトラックバック

« こんな予防接種部会ではだめだ、、、、 | トップページ | 絶対わかる抗菌薬はじめの一歩—一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本をマスター (単行本) »

災いこそ

昨日、患者さんとその家族に謝罪する。言い訳の効かない、完全に当方の手落ちであった。ひたすらに謝り、反省し、改善を約束し、改善を実行し、この苦い教訓をせめて明日への糧にして、成長のチャンスに転じるよりほかない。

さて、気分をあらためて

今朝は少し早起きした。テレビを付けるとバルサ対シュツットガルトの試合をやっている。洗濯したり、アイロンかけながら見る。今はハワイから大リーガーが来ているので朝のカンファはお休み。すこしゆっくり出勤できる。レーマンっていまドイツなの。と思ったら引退なのか、、、、

ツボにはまったバルサは本当に強い。このチームはこうありたい、という選手の、監督の、組織のメッセージが強く伝わってくる。勝つために、良いサッカーをするためには何をしたらよいか、みなが「自分のこと」として一所懸命に考えている。

オシムは言う。「日本人はプレーのためにプレーしている」と。つなぐためにつなぐ。ポゼッションのためのポゼッション、走るための走り。「何のために」という問いに誰も答えられない。何も伝わってこない。結果が出ない。同じ失敗を繰り返す。

日本のダメな組織に普遍的な現象。会議のための会議。議論のための議論。書類のための書類。反論のための反論。嫌がらせのための嫌がらせ。検査のための検査、投薬のための投薬、研究のための研究。権力のための権力。改革のための改革。改革したふり、のための改革したふり。皆、一所懸命にやっているのだけれど、一所懸命にやる、という意味をはき違えている。
「ぼく、ちゃんとやってますよ。ちゃんとまじめに毎日CRP測っています」
みたいなまじめなんだけどダメ研修医と、論理構造が同じ。ダメな組織には普遍的。

ヴィジョンとは、文字通り自分にも他人にも見えるようなものでなければならない。ビハインド・ザ・ドア的な仕事は大事なこともあるし、謀略も全く拒否はしない。ヴィジョン、目的達成のための必要な手段としての謀略ならば。それも「謀略のための謀略」「根回しのための根回し」「腹芸のための腹芸」になってはいけないのだ。

ペップは「良いサッカーとは」「強いチームとは」ということを現役時代から何十年も必死で考えてきたに違いない。2年くらいでローテートするような組織ではヴィジョンが涵養されるはずもない。5年後、10年後には「自分は関係ありません」ではだめなのだ。汚職を防ぐ効果はあるだろうが、それも「汚職防止のための汚職防止」「批判回避のための批判回避」であり、何のために?が欠けている。

しくじりがあったときこそが改革のチャンスだ。理想の病院はまだまだ遠い。やるべきことはまだたくさんある。今のままでよい、という腐った目をしている奴らが、そういう態度で満足している輩が、現状維持の重力に魂を引きずられている連中が、多すぎる。

« こんな予防接種部会ではだめだ、、、、 | トップページ | 絶対わかる抗菌薬はじめの一歩—一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本をマスター (単行本) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まあ、しくじりは、普遍的に誰にでもありますからね。
誤りのない、なんてこそが、間違いです。

ラショナル・ビリーブ(適切な信念)ですよ。happy02

とある医療従事者です

日頃より先生の著書等を拝読させて戴いております

さて当院でも問題が起こると誰が犯人かが議論され犯人が見つかるとどう懲らしめるかばかりが議論されるという悲しい有様です

犯人を見つけ懲らしめた輩が評価される恐ろしい組織なのです

本来ひとは(特に日本人は)失敗から多くを学ぶはずです

その失敗から何を学びどう改善していくか全く議論されないまま…
さらに成功した理由を分析し次に活かす

そういう組織にしたいです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/33824691

この記事へのトラックバック一覧です: 災いこそ:

« こんな予防接種部会ではだめだ、、、、 | トップページ | 絶対わかる抗菌薬はじめの一歩—一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本をマスター (単行本) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ