最近のトラックバック

« 感染症の本が増えるのは全体的には、よい | トップページ | 新しいもの好き、、、 »

消化不良

あれです。会議は本来、苦手なのだ。そのことを痛感した一日。短い時間で無理矢理コメントを引き出すのは、民放のバラエティ番組と同じ。これでは議論は深まらない。空回りする意志。進まない議論。

前回の会議の続きをやる、という話だったのが突然キャンセルだったので、うまくコメントできず。自分の振るまい方にも大いに反省の残る会だった。以下、用意した原稿。

広報の問題は、厚労省と感染症情報センターとの関係性の問題でもある。このような本質的な問題をほったらかしにしていてよいわけではない。なぜ、アメリカやオランダや香港にはCDC的な組織があり、日本にはないのか、もうすこし考えてみる必要がある。それを払拭すれば、今日議論した問題のほとんどは解決するはずなのに。

========

前回の会議の時、正林さんの報告と尾身先生のステートメントを拝聴して私は強い懸念を感じました。それは、その長い長いステートメントの端々に、私たちの対策は正しい、というメッセージを感じ取ったからです。私たちは正しかった、ちゃんとアウトカムも出ている。あの当時全てのことは予見されていた、われわれはさいしょからすべてわかっていた、すべては正しく準備されていた、目標も達成できた。このような強いメッセージがこめられたステートメント。そのように私には聞こえました。

ヘーゲルの昔より、本来検証とは否定から始まります。自分たちは間違っていたのではないか、ここがおかしかったのではないか、正しいと思っていたことは勘違いだったのではないか、我々の功績と信じたことは単なる偶然、まぐれだったのではないか。このように徹底的な否定的、批判的、弁証法的な態度でものごとを見つめるのが「検証」のはずです。しかしながら、会議の初回にすでに全面肯定的な結論めいたステートメントがなされるということがあってよいのでしょうか。ましてや尾身先生はもしメディアの報ずるところが正しいのであれば、初回の会議に先立つ記者会見でも今回の対策は成功だった、という内容のコメントをされています。

通常、検証の後で結論です。最初に結論ありきの検証は検証ではありません。検証ごっこ、たんなるアリバイ作りになってしまいます。

われわれここにいるメンバーのほとんどが論文の審査をなさっていることと思います。論文の審査をするときに、「とりあえずこのペーパーはアクセプトすることになっているから。その前提で審査してね」と審査委員長に言われたらみなさんはどう思いますか?そんなバカな話があるか、と思うのではないでしょうか。審査は通常、疑いの目を持って見つめられます。文章が言いすぎになっていないか、交絡因子はないか、結論がおおげさになっていないか、データの解釈がまちがっていないか、前後関係と因果関係を勘違いしていないか、厳しい目で、批判的な目で審査するはずです。

そもそも論で申し上げるのならば、通常論文審査は論文執筆者自らが行うものではありません。通常は第三者が行うべきもののはずです。この会議のメンバーのほとんどは対策の当事者であります。それを当事者であえて総括をやるというのであれば、なおさらのこと自らを律し、より厳しい目で自らの行いを振り返る必要があるのではないでしょうか。前回の会議における数々のコメントはそういう厳しさを欠いた非常に甘いものでした。もし、このような甘えの構造が続くのであれば、議長と岩本先生、伊藤先生など当事者でなかったメンバー以外は全部取り替えて第三者で検証をやりなおすべきです。

死亡者が少なかったからよかったのではないか、アウトカムが出ているではないか、と安易に言ってはいけません。死亡者が少なかったことはもう分かっています。しかし、そもそも死者が少なかったことをよりどころにすべての議論がちゃらになるのであれば、この会議のレゾンデートルそのものがなくなってしまうのではないでしょうか。

日本は新生児死亡率、平均余命などを考えると世界でもトップレベルの健康指標のアウトカムを持っています。しかし、その一方で、「医療崩壊」というおぞましいキーワードが象徴するように医療の現場はぼろぼろです。「日本人は外国人より健康だから、いまのまんまでいいじゃん」なんてのんきなことを考えている人は、ここには一人もいないはずです。さすがに今では、厚労省の皆さんもそんな幻想を信じてはいないはずです。なぜならば、そのアウトカムはぎりぎりのところで、非常に危うい体制のなかで歯を食いしばりながら、やっとこさひねくりだしたものだからです。将来にわたって維持できるとは考えづらい状況だからです。現場にいる人間は全てそれを知っている。

SARSで日本に患者が出なかったのは何故でしょう。日本の対策が上手くいったからでしょうか。そういう側面もあるでしょうが、まぐれ、という要素も多分にあったはずです。香港はあのときSARSでたくさんの死者を出し、非常に痛い目に遭いました。そのときの教訓が骨身にしみて、2009年7月に私が視察にいったときには非常に堅牢なインフルエンザ対策を、日本よりも遙かに安定した対策をとっていました。結果オーライだった日本がやらなかったことをすべて香港ではやりました。おなじミステイクを、ここでおかすべきではありません。

尾身先生は過日の会議で、メールや電話ですべてのセクションと連絡を取り合って事情は全部ご存じだとおっしゃいましたが、失礼ながらそれは違います。先生がお話になったのは学会のトップだとか病院のトップだとか、いわゆる「偉い人」たちとの対話のはずです。実際にワクチンを接種された方、1日300人以上の患者が来た病院のドクターやナース、数十時間ぶっ続けで軽症の患者の入院ケアをした医療者、1時間に100件の電話を受けた相談センターの職員の生の声をどれだけ聞いたというのでしょう。

我々は正しかった、という前提でこの会議をし、総括をするということは、次に新興感染症がやってきたときに「同じことをやろうぜ」、ということを意味します。僕は、去年と同じことをまた繰り返せと言われたら、「冗談じゃないぜ、勘弁してくれよ」、と思います。おそらく、多くの現場の方は同じことを考えるはずです

昨年7月、輸入ワクチンを導入するか否かを検討した会議において、私は尾身先生や正林さんたちの前でこのように発言しました。ワクチンは輸入すべきであると。それが正しい選択という補償があるからではなく、逆に間違えるよりましだからだと。ワクチンが必要なのにワクチンがない状態は最悪である。しかし、ワクチンが不要であって間違って輸入してしまったのなら、ここにいる専門家がみんなで頭を下げてごめんなさいと言えばよいのだ。このように申しました。

誰だって間違いはやらかします。プロも例外ではありません。私はプロとして、自分が間違えることそのこと自体は恥ずかしいとは思いません。率直に間違いを認め、反省し、その反省を活かして明日から頑張るのみです。しかし、自分が間違っている可能性を頭から否定し、頑迷に正当性を主張し、私は悪くなかったと言い張るのは、これはプロとしてとても、とても恥ずかしい態度であります。

われわれがここでやるべきは検証であって、感傷に浸ることではありません。おれたちこんなにがんばったよな、会議も夜を徹してやったよな、というのは夜仲間と一杯やりながら語り合えばよいのです。この場で私たちは全ての甘えを捨てなければいけません。クールで冷徹な頭と、熱い正義感に満ちたハートを持って検証を行うべきです。

新型インフルエンザの問題で、ひとつ肯定的にとらえてよいことがあります。それは、今回の問題を通じて、新型インフルエンザという一疾患を通じて、日本の感染症界全体についての問題点が浮かび上がったことです。そしてそれを国民レベル、メディアを巻き込んだ大きな議論に消化できたことです。たとえば予防接種です。過日、上田局長は「不退転の」決意で予防接種のあり方を見直すと断言されました。厚労省がここまで踏み込んだ決意を示すのは私が知る限り初めてのことです。そのことを私は大変喜ばしいと思ったのです。

ここがチャンスです。ルビコン川を渡るべき分岐点です。ここで新型インフルエンザを通じて我々が改善すべきポイントをみんな出し切るべきなのです。それを、まあ、よかったんじゃない?的にお茶を濁して、改善のチャンスを自らつぶすような愚かな選択をしてはなりません。

検証は過去に対して行うものですが、過去のために行うものではありません。それは未来のために行うのです。次回、また新たな感染症がやってきたときに、日本でもっともっとましな対応ができるように、一所懸命考えるのがこの場のはずです。そして、叡智に満ちたこのメンバーであれば、それができると私は信じたいのです。

最後に、誤解のないように蛇足ながら申し上げますが、私は尾身先生の高潔で優しいお人柄をみじんにも疑っていません。なにしろ、学生時代からのアイコン、ヒーローですからね。15年前、まだ学生だったときにマニラで初めて尾見先生にお目にかかり、あつく国際保健の未来を語る姿は今でも覚えています。しかしながら、本会議に限定するならば、その議論の進め方に看過しがたい問題点を感じているだけです。日露戦争の乃木将軍ではないですが、人物の高潔と方法の正しさとを混同して論じてはなりません。分断して論じるべきだと申し上げているのです。

以上です。

« 感染症の本が増えるのは全体的には、よい | トップページ | 新しいもの好き、、、 »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

尾身茂先生にひとつだけ質問ですが

今回ではなく次回(場合によっては鳥インフルエンザ?)の新型インフルエンザ専門家諮問委員会が必要によって立ち上がった場合
委員にオファーがあった場合受けられるでしょうか

受けられる条件などはあるでしょうか

岩田先生
西神戸医療センターの山本です。
会議お疲れ様でした。会議の報告を色々探していたら先生の記事を思い出して閲覧しています。
昨年、中央市民とともに最初の対応をしていた頃を最近良く思い出します。本当に苦しかったと。それが正論のように対策本部の上層部に取られているのが非常に悲しいように思います。どれだけの職員、経済、家族などに犠牲が生じたのか本当に聞いて回って欲しいです。当院には誰も政府関係者は来ていません。止むを得ない状況ですが。
正論と言われている事象は、我々現場の医療従事者の努力もあり、今回は何も無かったかのように済まされていることが問題です。本当にそれで最終的な検証になるのかどうかです。もっと現場の話を公聴してでも対策会議を有意義なものとして貰いたいと願います。
しかし、公開も遅けりゃ申し込み締め切りが早い傍聴。神戸からじゃ当然都合を着けて参加出来まへん。

過って改めざる、これを過ちという。

官僚の誤謬性は永遠になくならないのですかね。
国家への訴訟が恐ろしいから?

厚生労働官僚と感染症の専門家とは何かを議論しなければまったく意味のないものと思います。
また、岩田先生は検証・検証と何度も発言されていますが
新型インフルエンザ(A/H1N1)対策総括会議開催要綱
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/dl/infu100331-05.pdf
を読まれたらわかるように検討をおこなうとの記載はありますが検証をおこなうとの記載はありません。
たぶん、ワクチンに関しては非公開になると推測しています。

何度か他のブロクのコメントに書いたのですが。。。
理解のための補助線を引く必要があります。
ワクチンに関してはACIPという補助線があり関係者は全員
この補助線を知っています。
尾身茂先生(専門家諮問委員会委員長)とは何かを議論する場合は2本の補助線を引く必要があると思います。
1本はWHOです。日本の感染症対策とWHOの関係の補助線を引く必要があると思います。
もう1本は専門家諮問委員会委員長はChief Medical Officerかという補助線です。
つまり、通常の官僚の人事とは関係なく、ほぼ厚生労働大臣と同格の医師を日本の
国家体制におくべきかという議論です。これ(尾身先生の立ち位置)が総括の要となってくると思います。
参考資料
199700043A
研究課題 海外における国際感染症の集団発生に対する危機管理研究
研究年度 平成9(1997)年度
報告書区分 総括
http://mhlw-grants.niph.go.jp/niph/search/NIDD00.do
から議論されていることです。 長い引用ですが重要と思いますので出しておきます。
「イギリスにはChief Medical Officer、フランスにはDirectorate-General of Health が、アメリカ合衆国の Surgeon General と同じ様な形で存在している。今回の調査において把握できたことは、このポストは例えば合衆国の Surgeon General が大統領の直接任命によることからもわかるように、一般的には感染症を含む健康・保健政策等に関する行政の官僚制度とは一歩間隔をおいた、正真正銘のプロとしての医師の立場で医療技術面の政策決定を行い、かつ、これらの結果に責任を負う体制となっていて、医療専門職として最も地位の高く、責任の重いポストである。したがって、その人事に関しては、いずれの国においても官僚制度の人事として動くことは少なく、博学性・専門性・見識等の多くの資質を十分に備えた医師があてられ、その在任期間も日本では考えられないほど長い(国によって異なるが最低でも3、4年間)。感染症の海外での流行勃発時や国内での流行発生時等におおけるこれらのポストについた者の役割は、国家の医療政策分野における最高責任者として、国内及び海外の検査(研究)機関、公衆衛生当局、医療機関、その他関連機関と直ちに協議を行い、これらの結果を踏まえた防疫体制、医療体制、メデア対策等について適宜、迅速な指示、命令等を発し、それらの決定事項を保健当局の官僚組織を動員して実施することであると考えられている」

連投すいません。

簡単に図式化する(実際はそうではありませんが)と
厚生労働省に感染症政策の専門家がいなくて
自治医大の教授とか神戸大の教授とかが
最初の対応からいわゆる対応の検証・検討までそのたび
ごとに厚生労働省に呼ばれる日本の国家体制はおかしいのではと疑問をもつことが重要ではないでしょうか

昨日はお疲れさまでした。
1回目、2回目と傍聴させていただいています。会議前には、これは「検証するための会」だと思っていたのですが、議長の発言などをみても、どうやら検証するつもりはなさそうです。言うならば「意見交換会」みたいな感じでしょうか。「検証会やったぜ」みたいなアリバイ作りにだけなって、将来に生かされないことが心配です。

すいません。
最初から検証するつもりがないことは明白と思います。
(繰り返しますが)
新型インフルエンザ(A/H1N1)対策総括会議開催要綱
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/dl/infu100331-05.pdf
ただ、そのことを踏まえた上で岩田先生が頑張っておられると理解しています。

>言うならば「意見交換会」みたいな感じでしょうか。「検証会やったぜ」みたいなアリバイ作りにだけなって、将来に生かされないことが心配です。

私は官の立場ではありませんが、検証ではなく総括しているだけです。通常の、民主主義国家において検証作業は独立した専門家がおこなうと思います。
さらに将来に生かすかどうかは官ではなく国民がきめることでは

会場の隅で聞いていた者ですが、第1回、第2回とも座長をはじめ複数の委員が、将来のために検証する必要があり、そのために議論をしている旨を発言していたように記憶しています。たしかに厚労省の意図は検証とは違うところにあるかもしれませんが、少なくとも総括にはまったくなっていないことは確かです。

すでに
日本記者クラブの講演から2010年3月23日の時点で
個人的には総括を終了されています。
尾身茂先生は専門家諮問委員会委員長でもありますから
普通の国民感覚では今回の会議はこの総括に沿って
行われると考えると思います。

尾身茂・自治医大教授 「新型インフルエンザの総括」 (2010.3.23)
http://www.youtube.com/user/jnpc#p/u/0/lPcPvKqhhX8

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/34192770

この記事へのトラックバック一覧です: 消化不良:

« 感染症の本が増えるのは全体的には、よい | トップページ | 新しいもの好き、、、 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ