最近のトラックバック

« モウリーニョの考え方 | トップページ | 深い沼 »

ついにカミングアウト 新型インフル総括会議

新型インフル総括会議についてブログで書く内容はあまりない。議事録読んでください、という感じである。詳細な議事録がオフィシャル、アンオフィシャルに 出ている。参加者もTwitterで実況中継されていることは承知なのだ。第三回にして議論が噛み合い、深まってきた。繰り返し対話することには大きな意 味があると思う。

取材依頼も多いが、全部断っている。議事録読んでください。そこには僕の言いたいことが書いてある。

報道が間違っていることもある。僕はサーベイランスを厚労省「か」感染研に一元化せよ、とは言っていない。感染研に一元化せよ、と言っている。
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/27435.html
サーベイランスはプロのサーベイヤーの仕事であり、素人である官僚が多忙な時間を削って手弁当でやるべき仕事ではない。そのために必要なのは感染研、情報 センターの質的、量的強化である。第二回でも第一回でもそのことはコメントしたが、スルーされた。3回目にしてようやくこのことが岡部先生含め多くの方か ら発言された。ポリフォニーである。同じことをたくさんの人が言うことが大事である。決してあきらめたり、しらけたりしてはいけない。事実、会議そのもの も空気が変わりつつある。

上田さんが発言したのも、よかった。前から言っているように厚労省の役人はもっと発言すべきである。言いたいことがあれば、きちんと申し立てればよい。今 回の会議は議事録に残り、公開される。財務省や総務省もきちんと批判されている。上田さんは厚労省が危機管理の素人であり、その業務にふさわしくないこと をカミングアウトした。質的、量的人材不足で必要な仕事が出来ていないこともカミングアウトした。これでいいのだ。厚労省の無謬神話と、それから派生する 厚労省悪玉説、陰謀説という古典的アメリカン・コミックの世界観から一歩前進である。

しかし、その一方で厚労省の作った資料はいただけなかった。ああいう恣意的で、言い訳、ご都合主義、自分の立場ばかり強調する資料を資料作り屋がやるのは ルール違反であり、非紳士的であり、見苦しい。ほとんど、資料のねつ造と言っても良い。事前に水際対策のガイドラインを熟読していなければ、たいていの参 加者はころっとだまされてしまうだろう。

水際対策に意味があるか、ないかという二者択一の議論はよろしくない。しかし、水際対策のガイドラインには「基本方針」として、以下の2点「のみ」が記載 されていたのである。

基本方針

・新型インフルエンザに感染した又は感染したおそれのある者(以下「感染者」とい う。)の水際での侵入防止を徹底し、国内でのまん延を可能な限り防ぐこと
・帰国を希望する在外邦人の円滑な帰国を実現すること

「水際対策」が第一号の患者を発見したとき、すでに国内流行は起きていた。理論的にも「水際対策」で感染者の侵入防止は不可能である。そして、在外邦人の 「円滑な帰国」は実現できたとは言い難い。こういうことは率直に認めた方が勝ちなのである。「すりぬけられるのはおりこみ済みでした」なんて女々しい言い 訳をしてはいけない。まあ、言い訳をするのはよいとしても、言い訳「だけ」をして、あたかもすべてはシナリオ通り、みたいな印象を与える卑怯な資料を作っ てはいけない。僕はたいていの個々の官僚は嫌いではないが、こういうイヤらしいことをやる官僚は嫌いである。厚労省の作る資料は製薬メーカーの資料みたい に恣意的で信用できないから(信用は一回失うと取り戻しにくいのだ)、ものすごく集中して読む必要がある。だから、会議の後は疲労困憊だ。

今回、電話会議はできないとのことで昨夜は遅くに東京から帰宅。今日も東京で会議のはしごで、今はまた新幹線の中。でも、自宅で充電したからわりと元気。

« モウリーニョの考え方 | トップページ | 深い沼 »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

まいど匿名?(ペンネーム?)ですいません。

2点
1.議事録はまだ詳細に読んでいないのですが
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/dl/infu100331-07.pdf

この総括会議を検証する作業を多数の方々がされると思いますが、可能なら議事録の冒頭の出席構成員・行政関係出席者をフルネームでお願いしたいです。
具体的には

岩田構成員→岩田健太郎構成員
上田健康局長→上田博三健康局長
調べればわかることも知れませんが、長期的に考えて
フルネームで記載する慣習のほうがいいのでは

感想ですが、なぜ岩田神戸大学教授ではなく岩田構成員とされたのか
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/dl/infu100412-12.pdf
ちょっと意図を色々考えました。これも慣習かもしれませんが・・
2.あと席割があればと思います。

事務的なことですが・・・

ダウンロードして読む方は少数派かも知れませんが
丁寧に読みたいので、ダウンロードしています。
で、資料など可能なら元がパワーポイントならパワーポイントで提示していただければと思います。

スライド?をそのままコピーするのは字が大きくて
いいかも知れませんが・・・
パワーポイントで提示してあると配布資料にして
ダウンロードして読みますので

これも事務的なことかも知れませんが

情報共有として・・行動計画やガイドラインのURLを
ぜひ公開してほしいです。

議事録
P12
「正林新型インフルエンザ対策推進室長:
・・・。先ほど御紹介しましたが、行動計画やガイドラインが既に策定されております。これは実はもともとH5N1の発生を念頭に、今日お越しの先生方の御協力もいただきながらつくったものです。その概要を、実際のものは数百ページにわたる大部のものですので、そのエッセンスだけをパワーポイントでまとめたものをお示ししています。」
とありますが

せめてURLだけでも提示していただけないでしょうか

といいますのは
インエンザ行動計画:平成21年2月改定版 
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/kettei/090217keikaku.pdf

新型インフルエンザ対策ガイドライン:
平成21 年2 月17 日 
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/guide/090217keikaku.pdf

の話と私は思ったのですが
インエンザ行動計画は73ページ
新型インフルエンザ対策ガイドラインは185ページ
で計約260ページです。
正林新型インフルエンザ対策推進室長が言われる合計数百ページにわたる大部のインエンザ行動計画と新型インフルエンザ対策ガイドライン
をぜひ知りたいと思います。


議事録を読んでわからなかったことですが・・・
(次の議事録から判断可能かも知れませんし、足立
政務官がどこかで発言されているかも知れませんが
・・)
議事録
P21
「尾身構成員:
・・・・
もし、この会議を政府全体での総括ということにしたいのであれば、その人たち(官邸。内閣府の方々)
の参加もぜひお願いしたいし、いや、この会議はそのうではないんだと、つまり厚労省の中だけの話なので
政府の方はまた後でやるんだという、その辺については確認していただきたい・・・」
の返事がないように思いました。

といいますのは
前に
2010年2月19日(火)
第5回 厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会 議事録
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/02/txt/s0219-13.txt
もしくは同内容ですが
ロハスメディカル
誰がどう恥をかくのか 予防接種法改正http://lohasmedical.jp/news/2010/02/21140600.php?page=10
では
足立政務管が
「まず内閣官房に置いている新型インフルエンザ対策本部で、本年度中に総括に着手することは決まっております。それから、厚生労働省のインフルエンザ対策本部でも、今年度中に着手することは決まっておりま
す。」
との発言があります。

内閣官房の新型インフルエンザ対策本部の総括はいったいどうなったのでしょうか

この
尾身構成員の発言は
「もし、これが政府全体の総括ということであれば、
次回あるいはその次にでも内閣府の方々にも出ていた
だければ、先ほどの岩田さんの人選ということにも
関連します」と続いています。

現在、医療関係者は周知のことであるが
「内閣官房・副長官補室は、m3.comの行政文書開示請求に応じ、2009年5月-9月に開催された新型インフルエンザ対策本部専門家諮問委員会(全10回)の資料ならびに記録の残る3回分の議事概要を開示した(資料は文末に掲載)。」
で開示されている。 ところが
厚生労働省の新型インフルエンザ対策総括会議の参考資料には公開されていない。

m3.comに登録している医療関係者は全員参考資料として読んでいるにもかかわらず、非登録の方はこの
基本的参考資料を知らない状態は問題ではないでろうか

ただし、内容は重複したものが多いことも事実である。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/34436942

この記事へのトラックバック一覧です: ついにカミングアウト 新型インフル総括会議:

» 消えぬ心のつめ跡 新型インフル国内初感染から1年 [漢方・健康食品・サプリメントを中心として健康ニュース]
(コメント) 新型インフルエンザが発生してから早くも1年が経ちます。 「大山鳴動して鼠一匹」(たいざんめいどうしてねずみいっぴき)といった感じでした。 ただ、パンデミックに対しての、備えは必要です。 今回は、毒性が低かったのが幸いでしたが、これが強毒性だったとしたら、もっと混乱がひどかったかもしれません。 この記事を読むと、弱毒性であったにもかかわらず、心の傷は深いようです。 ...... [続きを読む]

» 新型インフルエンザ国内初感染から1年 消えぬ心のつめ跡 [健康情報 気になるニュースをお伝え]
(コメント) 新型インフルエンザが発生して、1年以上が経ちます。 厚生労働省では、「新型インフルエンザ(A/H1N1)対策総括会議」が2010年3月31日に第一回目が行われ、2010年4月12日に第二回目、2010年4月28日に第三回目、2010年5月12日に第四回目が行われました。 ht..... [続きを読む]

« モウリーニョの考え方 | トップページ | 深い沼 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ