最近のトラックバック

« 査読の話と英語の話 | トップページ | ワクチンパブコメBy IDATEN »

GNR院内感染まとめ(NEJM)

Hospital acquired infections due to Gram negative bacteria
- Peleg et al. NEJM 2010;362:1804
    - 2002年には米国で170万の院内感染。100入院注4.5
    - 99,000人の死亡
    - 米国6番目の死亡原因。ヨーロッパでも似たような、、、
    - 50億から100億ドル年間に必要。
    - 3分の1は予防可能
    -
    - 耐性は増え、新薬はできていない。GNRには特に問題。
    - GNRは院内感染の30%の原因。
    - VAP, UTIが多い。
    - ICUでは感染の70%!
        - 原因菌内訳はアペンディックスに content.nejm.org—1 <http://content.nejm.org/cgi/data/362/19/1804/DC1/1>
    -
    - 肺炎
        - 米国ではVAPが多い。
        - 48時間以上で、10−20%発症
        - 緑膿菌、アシネトバクター、腸内細菌群が問題
            - それぞれ26.4%、36.8%がカルバペネム耐性。
            - ギリシャではICUで85%がカルバペネム耐性。マンマミーア
            - ポリミキシン耐性も
            - 入院、抗菌薬暴露、透析があればリスク高いが、リスク因子にはさらなる研究が必要。
            - 診断が大事
            - アンチバイオグラムが大事。
            - 培養とde-escalationが大事。
            - 8日間治療。15日が必要になるのはnon-fermenters
            - 予防のバンドルアプローチを
            - 定量培養が大事だが、アウトカムとの関連は不明
            - CRP, PCT, sTREM-1も使える、、、?
            -
    - 血流感染
        - CRBSIの30%が米国ICUではGNR
        - クレブシエラは27.1%3世代セフェムに耐性。10.8%はカルバペネム耐性
        - ヨーロッパの一部ではこれ以上に悪い。
        - KPCは問題。
        -
    - UTI
        - カテでリスクは5−10%/日増える
        - 泌尿器のオペ前でasymptomatic bacteriuria治療。免疫抑制でも考慮?
        - 大腸菌が多い。
        - 米国ではSHV, TEMのESBLが多い。
        - 世界ではCTX-M, とくにCTX-M-15
        -
    - エビデンスに基づく病院内感染予防
        - ハンド・ハイジーン
        - 教育
        - システム
        - 口腔ケア
        - ベッドアップ
        - 挿管しなくて良いなら、しない
        - サーベイランス
        - 気管チューブの上をサクション、in-line tube
        -
    - 治療は、ローカルデータが大事。
    - polymyxins (colistin and polymyxin b)耐性は、セラチア、プロテウス、ステノ、セパシア、フラボバクテイルム
    - 適切な投与量はいまだ不明
    - 1日1回だと、耐性菌、毒性から問題との動物モデル。1日数回に分けた方がよい。
    - チゲサイクリンはESBLやカルバペネム耐性菌でもOK。アシネトバクターやステノもいける。緑膿菌やプロテウスはだめ。
    - 尿中濃度は低いので、UTIにはダメ。
    - VAPでは、イミペネムより効果が低い。Wyethのプレスリリース。文献45
    - 血流感染でも血中濃度が低いので、微妙。
    - monotherapy?combination?最近はcombinationに耐性菌対策から再度注目できている。
    - 感受性分かっているときは、どちらも効果は同じ(シナジーはあまりない)。
        - ただし、(のう胞性線維症の)緑膿菌感染に対するアミノグリコシドは、むしろモノセラピーより悪い。
    - 点滴の時間を延ばす、吸入もあり。colistimethate sodiumを準備してすぐ使用することが肺毒性予防に。

« 査読の話と英語の話 | トップページ | ワクチンパブコメBy IDATEN »

journal club」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/34753218

この記事へのトラックバック一覧です: GNR院内感染まとめ(NEJM):

« 査読の話と英語の話 | トップページ | ワクチンパブコメBy IDATEN »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ