最近のトラックバック

« 偽膜性腸炎、経口メトロニダゾール、塩野義 | トップページ | 違うんだけど、、、 »

CDI/CDADガイドライン

さっきだしたIDSA/SHEAのガイドラインはここです。

http://www.journals.uchicago.edu/doi/full/10.1086/651706

どうして、CDADではなくCDIなのか?という疑問があったのだが、「下痢だけじゃないぞ」という点を強調したかったからのようだ。なるほどね。でもならば、下痢をしている場合はやはりCDADでよいわけで、、、構造主義的にはちょっとなあ、、、と思う。

www.eurosurveillance.org/images/dynamic/EE/V13N31/art18944.pdf

アイルランドのように併記している国もあるようです。こっちのほうが大人の態度だと思う。

www.hpsc.ie/hpsc/EPI-Insight/Volume92008/File,2944,en.PDF

今、監訳している「Issues and Controversies」にはCDI/CDADの煮え切らないところがよく議論されていてとてもおもしろい。お奨めです。英語で読むのはちょっと、、という方は、もちょっと待っていただければ日本語版がでる(と思います)。煮え切らない部分こそしっかり勉強。

http://www.amazon.co.jp/Emerging-Controversies-Infectious-Disease-Diseases/dp/0387848401/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=english-books&qid=1275525108&sr=8-1

« 偽膜性腸炎、経口メトロニダゾール、塩野義 | トップページ | 違うんだけど、、、 »

感染症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/35028063

この記事へのトラックバック一覧です: CDI/CDADガイドライン:

« 偽膜性腸炎、経口メトロニダゾール、塩野義 | トップページ | 違うんだけど、、、 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ