最近のトラックバック

« EBICセミナーでおしゃべり 再びパワポとハンドアウトと抄録の話 | トップページ | 偽膜性腸炎、経口メトロニダゾール、塩野義 »

本日のjくらぶ

Combined antiretroviral treatment and heterosexual transmission of HIV-1: cross sectional and prospective cohort study
BMJ
2010 vol. 340 pp. c2205

フォロー中のパートナーへのHIV感染を観察した前向きコホート研究。大都市でこんなことやってしまうってすごい!
HAARTとプロテクションで、ヘテロセクシャルな感染はかなり少ない(かもしれない)。患者さんに対してもインフォーマティブで臨床屋的には非常に意味のあるデータ。

A step-up approach or open necrosectomy for necrotizing pancreatitis
NEJM
2010 vol. 362 (16) pp. 1491-502

壊死性急性膵炎はオペか?ドレナージでだめならステップアップか?のスタディー。壊死性膵炎は9割以上感染合併。抗菌薬使用を正当化する。ステップアップのほうがコンポジットでよかった。壊死があってもドレナージなしで半分くらいはいける。

Use of procalcitonin to reduce patients' exposure to antibiotics in intensive care units (PRORATA trial): a multicentre randomised controlled trial
Lancet
2010 vol. 375 (9713) pp. 463-474

有名なPRORATAスタディー。プロカルシトニンを毎日測って抗菌薬出してね、、、という「おふれを出すと」抗菌薬は減る。プロカルシトニン「そのものの」価値はこの論文では不明。ログランクで「線」で評価すると29−60日の死亡率はプロカルシトニン群のほうが高い、、、か?

« EBICセミナーでおしゃべり 再びパワポとハンドアウトと抄録の話 | トップページ | 偽膜性腸炎、経口メトロニダゾール、塩野義 »

journal club」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/35008741

この記事へのトラックバック一覧です: 本日のjくらぶ:

« EBICセミナーでおしゃべり 再びパワポとハンドアウトと抄録の話 | トップページ | 偽膜性腸炎、経口メトロニダゾール、塩野義 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ