最近のトラックバック

« 別のところでも総括 | トップページ | ダブルバインドなジャーナリズム »

やりました

日本にとってこれ以上ないという展開。大久保と松井の両サイドの効果的な動き。オフサイドが多かったが、それだけ裏をつく動きに執心していたということだ。本田のゴールはラッキーなトラップからだが、それでも慌てず落ち着いていたところが、素晴らしい。ラッキーといえば、カメルーンのチーム作り失敗があったり、クロスバーも守ってくれた。しかし、それを込みにしても価値の高い初めてのアウェーでの一勝。スタミナを考えて、あえてサイドのディフェンスが上がらなかったのも今回は正解。

前回大会の反省を活かし、コンディション作りをしっかりとしていたのが印象的。冬の大会というのも走るチームの日本にはよかった。

選手の選抜、フォーメーション、コンディション作りと全ての面でうまくやった日本。僕も含めてさんざんに叩かれていた岡田監督だが、してやったりだろう。98年と06年の教訓が十分に活きていた。三敗の予想が濃厚だっただけに、素直に反省、謝罪、感謝である。ごめんなさい。ありがとございます。

このやり方ではオランダには通用しないかもしれないが、デンマークになら行けるかも。どのように体力を分配するのか、興味深い。

« 別のところでも総括 | トップページ | ダブルバインドなジャーナリズム »

you'll never walk alone. football」カテゴリの記事

コメント

きっと試合直後に、久し振りにアップしてくださると思っていました。勝ちは予想外。嬉しいですね

後半はやられっ放しという感じでしたが、守備が落ち着いていました。ポストも守ってくれましたし。

デンマークとの勝負になりますから、オランダ戦は怪我をしないように、特に闘利王は絶対にカードをもらわないように気をつけるべきです。

1勝1分1敗も夢じゃないかも。

「素直に反省、謝罪、感謝である。ごめんなさい。ありがとございます。」
岩田先生の、この素直さが素晴らしい。医療の場でも大事ですね。
大会期間中、寝不足に気をつけて。でも、次回のサッカーコメントも楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/35263890

この記事へのトラックバック一覧です: やりました:

« 別のところでも総括 | トップページ | ダブルバインドなジャーナリズム »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ