最近のトラックバック

« βDグルカン | トップページ | MACの臨床症状と患者 »

アズトレオナム

医者でも滅多に勉強しないアザクタム。
「20100709170108.pdf」をダウンロード

« βDグルカン | トップページ | MACの臨床症状と患者 »

学生レポート」カテゴリの記事

コメント

驚きました。今頃アズトレオナムなんて・・・。私的には非常に嬉しく思います。empiricでは単剤で使いにくい抗生物質と思いますが、「原因細菌」がグラム陰性菌で感性があるならば、今でも十分に使用可能な抗生物質ではないかと考えております(当施設では、院内の緑膿菌に対する間成立はイミペネム/シラスタチンと同等です)。GPCにほとんど影響を与えず、GNC&Rに殺菌的に働くAZTはまだまだ、有効と考えております。ただ、処方する抗生物質・合成抗菌薬に精通し適正使用していただけるのであれば、特別扱いする必要もないのではとも思っております。
当院の院内一般細菌感受性試験に出される検体の感性率を考えると適正使用していただけるのであれば、まだまだ捨てたものではないと思っております・・・再度モノバクタムの効果を見直して見ましょう(学もないのに偉そうに記載して申し訳ございません)。
今回の医学生の皆様のレポートで再度確認させていただく機会をいただきました。ありがとうございました。

訂正いたします。shock
間成立 → 感性率
です。
国語も勉強しなければなりませんcrying

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/35692520

この記事へのトラックバック一覧です: アズトレオナム:

« βDグルカン | トップページ | MACの臨床症状と患者 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ