最近のトラックバック

« それでも協会は間違っていた | トップページ | 吐血と喀血の違い。吐血の原因、治療 »

本日のJC

Intravenous immunoglobulin in children with streptococcal toxic shock syndrome

CID 2009 vol. 49 (9) pp. 1369-76
学生さんが読んできた論文。小児のレンサ球菌のTSSには免疫グロブリンは効果がなくてお金がかかるだけ。propensity scoreにて。

Early vs Late Tracheotomy for Prevention of Pneumonia in Mechanically Ventilated Adult ICU Patients: A Randomized Controlled Trial

JAMA 2010 vol. 303 (15) pp. 1483-1489

VAPの増減に早期、晩期の気切は関係ないが、どうせ気切するなら早期の方がよさそう。

A trial of a 7-valent pneumococcal conjugate vaccine in HIV-infected adults

NEJM 2010 vol. 362 (9) pp. 812-22

マラウィでプレベナーは感染症を減らす、、だがとにかくたくさん死んでしまう。

« それでも協会は間違っていた | トップページ | 吐血と喀血の違い。吐血の原因、治療 »

journal club」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/35654140

この記事へのトラックバック一覧です: 本日のJC:

« それでも協会は間違っていた | トップページ | 吐血と喀血の違い。吐血の原因、治療 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ