最近のトラックバック

« 本日のJクラブ | トップページ | 許容できる死かどうか »

コストの問題(予防接種)

予防接種の効果について露骨に反論する人は日本ではそんなに多くない。海外の方が多いくらいだ。

しかし、先立つものがねえ、という議論になる。金がないからだせない、というのだ。

僕は財政の素人なので素朴な疑問が出てくるが、諸外国で負担できるワクチンの費用がなぜ日本のように相対的にはお金持ちな国でできないのだろうか。金がない、とはよく官僚の口にするところだが、ぜはなぜ他国ではでき、他ならぬ日本では出来ないのか。明快な回答を得たためしがない。

ワクチンのコストについての議論はあまりされないが、皆無ではない。
http://ameblo.jp/keneki/entry-10600382609.html
http://ameblo.jp/keneki/entry-10597907995.html
まあ、公務員をクビにしてワクチン費用を捻出するなんて過度な被害者意識が甚だしいのはおいておいて、僕はこのようなお金の効果について議論することはとても大事なことだと思う。お金の議論を無視してただただ何かを要求するのは現実的ではない。

ただし、計算の仕方にはもう少し工夫が要る。

一般に、医療のコストを評価するときは、一人の命が救われた、だけではなく、「何年の命が救われた」、という点が重要になる。それが小児だったり若い女性の命を奪う病気であれば、その予防効果は、たとえば高齢者の命を救った場合よりも大きな意義を持つ(という考え方もある)。

確かに、子宮頚癌ワクチン接種費用は一人の命を救うのには1300万円かもしれないが、これが「20年分の命を救う」となれば1年の命のコストが65万円となり、40年であれば30万ちょっととなる。これは、高いか、それとも安いか。「数ヶ月の余命」を伸ばすために、僕らはしばしばそれ以上の医療費を使っているのではないだろうか。

同時に、予防接種をしないためのコストも考えたい。子宮頚癌治療のコストはどうか。若い就労可能な女性の労働資源が失われるコストはどうか。そのケアをする旦那さんの失われた労働コストはどうか。彼らにコミットする医療者のコストはどうか(たいていの医療者は実際の医療費以上に働いているんです)。将来出産できるはずだった再生産機能としての女性が失われ、その生まれてくるはずだった子供がもたらすであっただろう労働の対価はどうか。

なによりも、女性に優しく、少子化対策を行うという観点からはどうだろう。国のビジョンにどこまで合致しているだろう。日本はどのような国になりたいのか。単なる金勘定だけではなく、そういう視点も大切である。

最後に心情的には、若い女性のアドバンスドな子宮頚癌の患者をみた医者なら、こんな病気が世の中にあること自体への強い嫌悪の情が当然浮かぶはずだ。

人間は死ぬ。必ず死ぬ。死ぬか、死なないかが問題なのではない(なぜなら僕らはいつか必ず死ぬからだ)。許容できる死かどうかが問題なのである。僕にとって若い女性の子宮頚癌の死亡は許容しがたい死である。たいていの人にとっても、それは同じなのではないだろうか。

同様に、小さい子供が髄膜炎で死ぬことが、許容できるか(それが自分自身の子供だった場合、だ)。あるいは生涯にわたる障害を背負っていくことが、そしてそれが回避可能だったことが既知なことが許容できるか。そのようなことが放置されている国家を僕らは許容できるか。このような問いの立て方が重要になるのである。

« 本日のJクラブ | トップページ | 許容できる死かどうか »

コメント

日本では、国民皆保険制度が整備され、医療のフリーアクセスが保証されていて、治療に多額(国だけで、約8兆円)の公費が投入されていることが、これまで予防接種や疾病予防に、あまり公費が投入されてこなかった原因の一つでしょう。

諸外国では予防接種に公費が投入されていると主張する人は、それらの国々では、日本の様に治療のために多額の公費を投じてこなかったということに、もっと注意を払うべきでしょう。

米国で、皆保険制度がスタートして、毎年、数兆円の税金が制度維持に必要となったとき、今までのように、予防接種に公費が投じられるかどうか、やや疑問のあるところです。

また、予防接種によって、ある疾患を完全に無くしたとしても、医療費の総額は、ほとんど変わりません。
別の疾患の患者が増え、別の疾患で死ぬ人が増えるだけです。

例えば、40歳で子宮頸がんで死亡した人が仮に、子宮頸がんにならず、平均寿命の86歳まで生きたとすれば、その人の一生の間に、様々な疾患の治療の為に要した費用は、確実に子宮頸がんの治療費を上回ります。

心情論を持ち出すと、思考停止に陥って、冷静な議論ができなくなるので、止めた方が良い。

そもそも、この世の中に、許容できる死など、ありはしない。

若い女性の子宮頚癌による死は許容できないが、年老いた男性の肺がんによる死は許容できるという訳でもないだろう。

あるいは、死刑囚が絞首刑にされるのは、多くの人にとって、許容できる死かも知れない。

しかし、他人にとって、ある人の死の原因は、可哀想と同情できるか、自業自得と冷笑できるか、大いに違いがあるかも知れないが、死に直面する当事者としては、どちらの死も許容できるものではない。

もしも、子宮頸がんによる死を許容できないのであれば、そういう人は、自費でワクチンを接種すれば良い。

自分の子供が髄膜炎で死ぬことが許容できない親は、自分の子どもにワクチンを受けさせれば良い。

経済的な理由で、ワクチンを受けることができないという貧困世帯(生活保護世帯等)への公費助成なら、いざ知らず、タダなら受けるが、自分の金を出してまで、ワクチンを受けたくはないというような人に、公費でワクチンを打つ必要など、本当にあるのだろうか?

自分の健康はある程度自分で守り、ある程度は国、社会に守ってもらうことは社会を維持する上で大切です。
自分の健康は自分だけで何とかなるという人はおそらく一握りでしょうし、国に全てを依存するのもコンセンサスが得られにくい話だと思います(たとえば暴飲暴食を繰り返して、重篤な疾患になった人の医療費も社会が全て負担しなければならないとなれば、不公平感が生まれるだろうと予想します)。
問題点はどこで線引きをするかで、日本社会がコンセンサスを得られる結論を導き出せるかです。多数の利害関係者がいる現実社会ではコンセンサスを形成すること自体が極めて困難です。
個人的には子供が助かることで得られる生存期間・QOLと高齢者が助かることで得られる生存期間・QOLは同等とは考えませんからとくに小児へのワクチン接種制度の充実を希望します。
若年者と高齢者の死についての比較は「得べかりし利益」など法の観点からも議論の余地はあまりなくほぼ自明なのでは?

ワクチン奨励のブログのようですが
ワクチンが子供を産めなくする(女性の排卵を阻止、男性の精子死滅)人間滅亡の恐れがあるという動画があります。

これを見て、今後日本はワクチン接種に公費を投入してワクチン接種を強制した場合をどうなるかを判断下さい。

もし、この動画は真実だと思いましたら、接種を阻止して下さいますと日本は救われます。

▼日本人・大和民族絶滅計画

http://www.youtube.com/watch?v=L_GuEXCbKh8&feature=related

▼子宮頸癌ワクチン_日本の子供の未来を守る会

http://www.youtube.com/watch?v=zIbpzpRK7HU&feature=related

▼【緊急】サーバリックス子宮頸がんワクチンによる民族浄化/南出喜久治

http://www.youtube.com/watch?v=8nRV-KNdRdY&feature=related

▼yahoo知恵袋より(ベストアンサーの回答があります)

質問【宮頸がんとその予防ワクチンの公費負担問題について】↓↓↓

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1337656438

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/35929195

この記事へのトラックバック一覧です: コストの問題(予防接種):

« 本日のJクラブ | トップページ | 許容できる死かどうか »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ