最近のトラックバック

« 神戸大学感染症内科短期研修の感想 | トップページ | めずらしくコメントにコメント »

小児における血液培養

・3歳以下では菌血症の頻度が高く、適応は高い。
・感染巣が明確でないことが多く、その場合にも必要。
・小児における血液培養の適正な血液量とセット数
       総血液量ml  採血量ml セット数 総採血量ml 採血量/総血液量の割合(%)

体重1kg以下50−99   2       1     2        4
1.1−2    100−200 2       2     4        4
2.1-12.7    >200    3?     2     6        3
12.8-36.3   >800    10      2     20       2.5
>36.3kg   >2200   20      2      40      1.8

ポイントは、血液培養は体重1kg以下でも必要なこと、1.1キロあれば2セット必要なこと、36.3kgより大きければ大人と同じ採血量(40ml)なことである。
・採血量が小さい場合、嫌気ボトルは必要ないことが多い。
・例外は、口腔内感染、慢性副鼻腔炎、脳膿瘍、ヒト咬傷、レミエール症候群、腹腔内感染、肛門周囲の蜂窩織炎、潰瘍、ステロイド高容量服用中の好中球減少時発熱(腹部所見がマスクされるリスクあり)、前期破水18時間以上、母胎絨毛羊膜炎。
・抗菌薬が入る前に2セット。1セットとって抗菌薬入れて、次の日もう1セットはダメ。

参考 齋藤昭彦 ONE POINT MEMO 臨床検査ひとくちメモ モダンメディア 56巻4号 2010

« 神戸大学感染症内科短期研修の感想 | トップページ | めずらしくコメントにコメント »

感染症」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。初めてブログ拝見致しました。
小児の血液培養採血量の資料を探していた矢先でしたので、大変ありがたかったです。
また小児の感染症への対応について書いて下されば幸いです。欲を申せば、小児科医向けの感染症の本を出して下されば…、即購入致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/36748280

この記事へのトラックバック一覧です: 小児における血液培養:

« 神戸大学感染症内科短期研修の感想 | トップページ | めずらしくコメントにコメント »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ