最近のトラックバック

« None of your business | トップページ | あえていうが、数の問題ではない »

時間とよしながふみとプルースト

なんか怒ったブログばかりなので、すこし和みを

大奥 第6巻 (ジェッツコミックス)

      
大奥 第6巻 (ジェッツコミックス)

著者:よしなが ふみ

大奥 第6巻 (ジェッツコミックス)

よしながふみのおもしろさは絵のきれいさや同性愛を盛り込んだところなんかもあるが、とにかく「時間の使い方のうまさ」にある。大奥はもともと時代劇なのでその辺にあまり気がつかなかったのだが、

西洋骨董洋菓子店 (1) (Wings comics)

      
西洋骨董洋菓子店 (1) (Wings comics)

著者:よしなが ふみ

西洋骨董洋菓子店 (1) (Wings comics)

を読んだら本当にこの人は時間の使い方がうまいのだな、と感嘆した。行ったり来たり。プルーストもびっくりだ(かな?)。それと、キャラのポリフォニーがすばらしく、そう言う意味ではドストエフスキーっぽい。いや、ほんと、すごいっす。

愛がなくても喰ってゆけます。

      
愛がなくても喰ってゆけます。

著者:よしなが ふみ

愛がなくても喰ってゆけます。

ひいきのひきだおしでこんなのまで読んじゃいました。

« None of your business | トップページ | あえていうが、数の問題ではない »

コメント

こんにちは。よしながさんの大奥は、このたび映画『大奥』(原作の第1話の映画化です)になりました。10月1日公開です。

映画『大奥』公式サイト

http://ohoku.jp/

クリント・イーストウッド監督『硫黄島からの手紙』の二宮和也が主演、水野を演じます。また将軍吉宗は柴咲コウ、松島は玉木宏、杉下は阿部サダヲ、お信は堀北真希が演じます。

先ごろ関係者の内覧試写会が行われましたが、原作に忠実に描かれ、二宮の確かな演技力で最上のエンターテインメントに仕上がっているとのことです(世界に通用する作品に仕上がっているそうですよ)。今発売中のキネマ旬報、日経エンタ、CinemaSquareなどにも特集が組まれております。お時間が許せば、ぜひ、ご覧になってくださいね。お勧め作品です。

なお、内覧のことを書いているので、このコメントは公表しないでいただければ幸いです。

先日映画『大奥』についてコメントさせていただいたもりです。本日マスコミ向け完成披露試写会が丸の内ピカデリーで行われました。Twitterにて感想がたくさんつぶやかれていますので、お知らせします。

・icelovesan
丸の内ピカデリーなう。間もなく『大奥』完成披露試写会。凄い人!取材陣も多いな。期待して良いのでしょうか?

・@SATORIITO: 『大奥』完成披露試写、舞台の上から友達発見!思い切り手をふるアナタが可愛かったー。って『大奥』は漫画原作と言えどもしっかり人間が描かれていて共感デキタ。

・東京衣装
先日、10月1日公開の「大奥」の試写会に行きました。
原作を読んで、現場にも行きましたが、マンガに忠実で面白かったです。特に弊社担当の裃の衣裳は良かったです。皆さん是非見に行ってください!

・newyorkROCK
海外出張で観れていなかった『大奥』を完成披露試写で観る。かなり面白い。ご期待ください。

・dandymasafumi (フジテレビ関係者)
ニノの映画大奥みた!面白かった! ニノかっこいい!

・pict_uppers(雑誌ピクトアップ)
『大奧』完成披露マスコミ試写会に@丸の内ピカデリー(銀座です)。話題作だけあって、場内満席。取材のカメラマンもぎっしり。テレビカメラもズラーっと並んでいたので、明日のいろんなワイドショーでも紹介されるんでしょうね。冒頭には二宮さん、柴咲さん、金子監督の舞台あいさつも。hco
では『大奧』本編の感想は……自分でもナゼだかわからんのですが、ラストのクレジットロールで、キャストスタッフひとりひとりの名前が目に飛び込んできて、胸がつまる、というか、言いようもなくこみ上げてくるものがあったのです。「つまり何?」と聞かれると、うまく説明できないのですが。hco

・tomoishizuka (映画ライター・翻訳家)
『大奥』。原作を読めずにいたので、映画を堪能。このアイディアは世界に誇れる。ハリウッドでリメイク(ルイ14世とかヘンリー8世とか)もいけるのでは? 二宮和成、柴咲コウの演技素晴らしく、シスター・クラレンスの次は将軍マインドになっちゃいそう(笑)『大奥』。スタッフが『木更津キャッツアイ』(未見)と『雨あがる』だそうで、まったく違う二者から産み落とされたクリエイションが素晴らしい。

・888bambi888 (エンタメ系雑誌ライター)
「大奥」完成披露試写。設定にとまどいもなく、男女逆転を楽しめた。二宮和也さんのいつまでも色あせない初々しさ、アンニュイな表情、魅力が爆発していた。いつもながら柴咲コウさんの潔い演技には感服する。主役2人は文句なしのベストキャスト!

・@ram481:
「大奥」面白かった♪舞台挨拶付きで、嵐の二宮くんと柴崎コウちゃんも間近で見られてラッキー。二宮くんは演技めちゃくちゃ上手いですね~!男版北島マヤですよ。作品も笑いあり涙ありで、なかなか良いです
#eiga

・TKJoshiEigabu
二宮和也、柴咲コウの『大奥』を鑑賞。爽快だったな~。国は女が治めた方が丸く収まったりしてと現代に置き換えて感じてしまった。ま、所詮コミックのなかの話なので、本当ならもっとごちゃごちゃするんだろうけど。後日作品紹介、批評をアップします

・ @yaakaz: (日テレ)
「大奥」完成試写。美貌と欲望と陰謀が渦巻く男女逆転大奥のドロドロを楽しみました。予想と期待のバランスがいい感じで、きっちり爽快感も有りました。
________________


俳優二宮和也は見事に水野を演じきっていた。それにしても役者二宮和也の演技力ははかりしれない。時代劇初挑戦とは思えない好演だった。いったいあの忙しい中どうやって役作りしたのか?ぜひとも今年から俳優として本格起動してもらいたい。今度はSFどう演じるのか見逃せない。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/36555078

この記事へのトラックバック一覧です: 時間とよしながふみとプルースト:

» 大奥 第6巻 (ジェッツコミックス) |よしなが ふみ [アマゾン探検隊]
JUGEMテーマ:漫画/アニメ 大奥 第6巻 (ジェッツコミックス)よしなが ふみ白泉社 刊発売日 2010-08-28 女の業を背負った綱吉の悲し過ぎる最期 2010-09-01  家光編に次いで長かった綱吉編が終了します。  魔性の女・綱吉の真実の恋は成就しても儚く、 重い打掛を脱ぎ去っても受け止める腕は既に無く、 失意の彼女の死の床を訪れるのは、彼女を愛した人か憎んだ人か... その死には様々な説があるでしょうが、これを採用した作者はやはり凄い。  「生きるという事は.... [続きを読む]

« None of your business | トップページ | あえていうが、数の問題ではない »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ