最近のトラックバック

« 弁護士様への回答 | トップページ | あわててはいけない »

悪質な報道許さぬ態度を (べつに処分はいらないが)

今度出すワクチンの本の一部をここに紹介する。

「このような難しい問題に簡単な、単純なソリューションを提供しようと試みるのがいわゆるマスメディア、とくに新聞とテレビだと僕は思います。予防接種の問題は複雑で難しい問題なのにもかかわらず、マスメディアの世界では議論は矮小化され、単純化され、わかりやすい「物語」と化しています。例えば、「ある被害が起きた場合はそこに加害者がいなければならない」という勧善懲悪の「物語」です。
 後述する京都・島根のジフテリア事件、1948年に起きたジフテリアのトキソイドによる死亡者が多発した事件で、同年11月10日の朝日新聞は「責任の追及は第一である」と報じています。問題の原因究明よりも責任の追及を第一義的な目標にしてしまっている。これは「かわいそうなワクチン副作用の被害者にかわって俺たちが悪い奴らを(どこかに設定して)懲らしめてやる」という話法です。なぜワクチンによる被害が起きたのか、どうやったら同じような被害が将来起きることを回避できるのか。朝日新聞の文章にはそのような建設的な議論がありません。ただ、悪者を見つけてこらしめて、溜飲を下げるという安っぽい時代劇のような鼻息の荒さだけがそこにある」

 昨日、朝日の記者さんとお話をしていて、1948年の朝日の報道の話をした。「戦後間もないマスメディアはこのくらい幼稚でした。何かあると原因究明や実態の把握の前にとりあえず加害者を捜して攻撃する、という幼稚な英雄気取りです。それに比べれば今のメディアはまだましかもしれませんね」

残念なことに、僕の見込みは甘かった。マスメディアは昭和20年代から少しも成長していない。以下は産経新聞。署名はない。

引用はじめ
【主張】院内感染 悪質な隠蔽許さぬ処分を
2010.9.7 02:43
このニュースのトピックス:主張

 帝京大病院(東京都板橋区)で46人もの入院患者が対象となる院内感染が発生し、感染が原因で少なくとも9人が亡くなった。情報共有が大幅に遅れ、拡大防止策が後手に回った結果、国内最大規模の被害につながった可能性が強い。

 感染症対策は、早期発見に基づく感染ルートの特定と速やかな情報の公表が大切だ。ところが、病院側は何度も公表の機会がありながら、1年近くも情報を伏せてきた。悪質な隠蔽(いんぺい)行為と言わざるを得ない。

 警視庁が、業務上過失致死の疑いもあるとみて医師ら病院関係者から感染が起きた経緯について事情を聴いたのは当然だ。東京都に加え、厚生労働省も医療法に基づいた異例の立ち入り検査を行った。行政としても結果次第で、特定機能病院の指定取り消しや一定期間の業務停止も含めて厳しい処分で臨む必要がある。

(中略)

 病院では昨年8月時点で最初とみられる感染者が見つかり、死亡者も出ていたのに、感染との因果関係が確認できないとして、対策部署への報告はなかった。

 保健所への報告や外部への公表は今月に入ってからだ。8月初旬には厚労省と都による定例の立ち入り検査が実施されていたが、報告もしていない。菌が検出された患者の転院時にも情報が転院先に伝えられなかった。病院側は「もう少し早く報告、公表すべきだった」と対応の不備を認めているが、結果の重大さに対する責任ある発言とはいえない。

 (中略)

 厚労省は今後、報告制度の在り方について検討する有識者会議を立ち上げるという。だが、どんなルールも医療機関としての自覚が前提となる。さもなければ絵に描いたもちにすぎない。
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100907/bdy1009070244001-n1.htm

以上、引用終わり

情報の公表とは誰に対する公表のことをさしているのだろう。少なくとも、メディアに耐性菌情報を公開したからといって院内感染が減ることは絶対にない。公表の必要のないことを公表しないことは隠蔽工作とは言わない。今、叩かれるのを恐れた医療機関が慌てて記者会見をやっているが、その意義や意味は僕には分からないことが多い。単なるアリバイ作りに過ぎないことがほとんどだ。

警視庁が事情を聞き、厚労省が調査をしている段階で、何を根拠に「拡大防止策が後手に回った結果、国内最大規模の被害につながった可能性が強い」などと言えるのだろう。そんなことを言う根拠がどこにあるというのだ。国内最大規模の被害ってなんの被害のことだ?

厚労省は今後の報告制度のあり方を検討するという。検討するという未来の事項を今やらないという根拠で非難されるというのはどういう意味だろう。

「46人もの」というからには46という数字が「多い」ことを内意している。院内感染をゼロにするのは不可能だ。では、この名無しの主張者が適正と考える院内感染の数はいくつだというのだろう。多いとほのめかすのならば、「正しい数」「アクセプトできる数」を示すべきだ。それができないなら、「もの」という恣意的な表現をすべきではない。

新聞記者は統計学を学んでいないと昨日教えてもらった。「自分たちは文系だから」というのだが、これは驚くべきことだ。彼らは毎日数字を扱っている。内閣の支持率にしろ、降水確率にしろ、野球チームの勝率にしてもだ。内閣支持率が50%から52%になったとき、これが「支持率が上がった」というべきかどうかは、統計学を学ばずしてしゃべることができない。

僕は新聞記者が医学知識をたくさん持てとは主張しない。せめて日本語とか、数字とか、ロジックとか、自分たちが普段使っているものに対しては適切であってほしい。物書きとして最低限の能力や理念やプロ意識はもってほしい。

「結果の重大さに対する責任ある発言とはいえない」とはあなたのことである。少なくとも僕は、新聞記者だけには「責任ある発言をしろ」とは言われたくない。

責任ある主張とは次のようなものだ。

帝京大学病院でMDRABが見つかっている。現在厚労省と警察が調査中だ。調査中と言うことは何が起きているか現在ははっきりしていないと言うことだ。責任ある新聞記者として、私はこの時点で断定的に何かを語ったり、センセーショナルに誰かを攻撃したり、憶測でものを言うべきではない。だから、ここでは空想や憶測による安易な主張はせず、厚労省や警察の発表を静かに待とうと思う。読者諸氏も我々の責任ある報道を、今しばらくお待ちいただきたい。

これくらいかっこいい記者だったら、拍手送るけどなあ。

« 弁護士様への回答 | トップページ | あわててはいけない »

コメント

>我々の責任ある報道を、今しばらくお待ちいただきたい。

かっこはいいけど、売れない。

今一番コクミンが読みたいのは、「悪い医者がズルをして患者を殺した」物語、ちょっとひねって「医者はガンバッたけど厚労省がバカだから患者が死んだ」物語。
調査が終わり、どんなことが起こっていたかがはっきりとわかったとき、コクミンはもう何が起こったのか覚えてはない。

そういうコクミンに物語を売りつけなければならないマスコミもかわいそうだが。

せめて政府くらいは超然としていてもらいたいのだが、政府もまた、「コクミンの大好きな」物語を語り続けなければいけない、と思いこんでいるようなのね。

>今一番コクミンが読みたいのは、「悪い医者がズルをして患者を殺した」物語、ちょっとひねって「医者はガンバッたけど厚労省がバカだから患者が死んだ」物語。


自分にも同じように思うところはあります。しかし、「コクミンが読みたいのは(ry」というのは、別に「医師が~」、「役人が~」というよりは、「普段偉い人面している人が~」とか「有名人が~」、「自分らが正義だと思っていた人たちが~」等ではないですか?その中に医師や役人が含まれるというだけの話で。
ならば、

「『普段偉そうなことを言っているマスコミが』、実は非常に無責任なことを言っており、統計学についても無知で、日本語、数字、ロジック等、自分たちが普段使っているものに対して杜撰であり、具体的に例を挙げると、9月7日の産経新聞の院内感染についての報道はこのように酷いものであった」

というものだって、十分に「コクミンが読みたい」ものに入るでしょう。一人の例外もなく全てのコクミンが…とまではいいませんが、無視できないレベルで、そういうのに対し興味を持ち、知ればなんらかの行動をとりかねないコクミンは存在します。だからこそ、たとえば西山事件では毎日新聞に対する不買運動が起き、あるある大辞典の捏造事件ではスポンサーが逃げ出したのです。

マスコミとしてはそういうのが怖いから(だって、コクミンが興味を持ってしまいますものね)、「毎日新聞変態報道問題」や「NHK・Japanデビューに対する一万人訴訟」をほとんど報道しないわけです。

つまり、「コクミンが読みたがっているから」というのは真実かもしれませんが、それは「マスゴミが自らの杜撰な報道をそのままにしておく」理由にはならない、ということです。

《MDRーABが原因で死亡した可能性が否定できない9人》の内の一人の遺族です。

確かにマスコミ特有の『可哀想な被害者に代わって悪者を叩く』と云うパフォーマンスには辟易しますが、そのパフォーマンスがなければ(少なくとも今回の件は)隠匿され、何もなかった事にされていた思います。

現に病院側から連絡があったのは会見から三日後でしたし…。電話の内容も『院内感染で亡くなった可能性が否定できません。何か聞きたい事があれば病院に来て下さい。』と云う、説明と言うにはほど遠いお粗末な内容でした。
勿論、報道を見るまで院内感染が起きていた事すら知りませんでした。


マスコミの報道があってもなお、被害者や遺族は置き去りにされていると云う事を知って頂けたらと思います。

ご不幸があり、ご心痛であろう時期にコメントいただきありがとうございます。ご家族のこと、心よりお悔やみ申し上げます。

ご指摘の件については僕は詳細を存じませんから責任あるコメントができません。もし特定のご質問やご意見があれば、いつでもおっしゃってください。

お忙しいなか、お返事とお悔やみを頂きまして有り難うございます。

お言葉に甘えて幾つか質問させて頂きます。


《培養したアシネトバクターに複数の抗生剤を与えて効果を調べる検査》の結果を幾つか見たのですが、ある抗生剤に対してRだったものが数日後にはIまたは空欄になっていました。
これはよくある事なのでしょうか?
素人考えですが、一度耐性を持ったらずっと持ち続けると思っていたので不思議で仕方ありません。


もう一つ不思議に思っている事なのですが、以前にも書いた様に病院側から連絡が来たのは記者会見の後でした。
私には優先順位が逆のように思えるのですが、医療の世界では当たり前なのでしょうか?


わざわざお時間をさいてまでお答え頂くような質問ではないので、気が向いた時にでも教えて頂ければ幸いです。


何度もお目汚し失礼致しました。

いろいろなシチュエーションがあるので、詳細は省きますが結論から申しますと、Rだったのが後に変わることがあるか、と問われれば、それはあります。よくあることです。

連絡の後先については、その周辺の事情を存じませんので僕から軽々しく責任のあるコメントはできません。ご容赦ください。

他にご質問があれば、kiwataアットマークmed.kobe-u.ac.jpまでご連絡ください。オフィスは078-382-6296 です。現在海外におりますが、来週水曜日から大学病院に戻っています。

9月11日の16時05分にコメント投稿したものです。ご家族のこと心よりお悔やみを申し上げます。

ご心痛のところに、お書きになったことについて反論をするようで気が引けるところではありますが、どうしてもお話しておきたいので一つだけ書かせてください。

>そのパフォーマンスがなければ(少なくとも今回の件は)隠匿され、
>何もなかった事にされていた思います。

マスコミの「パフォーマンス」により、今回のことが国民に広く伝わったのは事実です。しかし、国民に伝えるためには、産経新聞が書いたような「パフォーマンス」が必要であるわけではありません。

具体的には、ブログ主様が記事の最後に書かれているような、

 >責任ある主張とは次のようなものだ。
 > 帝京大学病院でMDRABが見つかっている(中略)
 > 読者諸氏も我々の責任ある報道を、今しばらくお待ちいただきたい。

という記事であれば、「国民に出来る限り事実を客観的に伝えること」と、「誰かを悪者にしたりするようなパフォーマンスを行わないこと」が両立します。

「パフォーマンスにより国民に情報が伝わった」ということは成立しましたが、「国民に情報を伝えるためにはパフォーマンスが必要である」ということは成立しません。

医療は病院のみで成立するものではなく、立法、行政、司法、そして国民が全体で成立させるものです。そして日本が民主国家である以上、立法、行政、司法は、国民によりその方向性が決まります。それなのに、その国民に対してマスコミが情報を正しく伝えないのならば、それは結局遠回しに医療を崩していくことに繋がります。

良い医療であれば耐性菌が生まれないというわけではありませんが、それでも国民を目隠しさせ踊らせるような報道が無くなることを望んでやみません。

キャリアは先生と同じ長さです。わたしは、今回のマスコミ報道を、公平でないと感じたことはありません。ワイドショーは見ませんので、わかりませんが、少なくともニュース番組の中での取り上げ方は、犯人探しのようなものではなかったと思います。たとえば、都の監査で感染対策の不備が指摘されたにもかかわらず改善はされていなかったとか、都の監査のときにこの事実は報告されなかったとか、事実がいろいろ後から出てきましたが。
感染対策の専門家からすると、「入院基本料算定要件」になって5年ほど経過しながら、いまだに不十分な体制しか取れなかったということで、落ち度がないとは言えないのだと思います。なのに、岩田先生ほどの方が、このようなコメントをなさるというのは残念です。
医師会も警察が介入したことに反発していましたが、本当にそうなのでしょうか?この事件は大野事件のような「避けられなかった」事態なのでしょうか??
私はそうは思いません。わたしも、ICDの一人ですが、ICDの活動はなかなか難しいです。岩田先生の本には確か、「必要なのは、正しい情報と熱意」のようなことが書かれてあって、その言葉を胸に頑張って来ましたが。
本日初めて先生のブログを拝見して本当にがっかりしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/36607996

この記事へのトラックバック一覧です: 悪質な報道許さぬ態度を (べつに処分はいらないが):

« 弁護士様への回答 | トップページ | あわててはいけない »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ