最近のトラックバック

« 脳膿瘍の治療 | トップページ | ひさびさにB級ワイン »

砂地に 水撒く営為にしても

ケニアに来ている。ナイロビのスラムで年に二回行われる無料診療所のお手伝いだ。何でも見る無料の診療所をILFARがひらいていて、そのお手伝いである。お世話になっている稲田先生、宮城島先生、久保先生、大島先生、学生の千葉くん、後藤さん、アメリカから来ている3人のドクター(うちひとりは歯科医)、その他大勢の現地のボランティアのみなさまに感謝である。

この無料診療所は、あくまでもHIV診療への布石である。いきなりHIV診療はどこの国でも難しく、ケニアでも例外ではない。HIV感染者と分かった人の家に放火をして焼き殺し、その遺体を怖がって誰も引き取りに来ないようなエピソードもあるのである。

だから、「何でも見ますよ」の診療をやる。「ついでに」HIV検査をしませんか?と誘いをかける。

本日は400人以上の患者を診て、陽性者は3人判明。検査を受けない人も多いし、ある意味生産性は悪い。それでもスラムの医療アクセスのないなかで1日で3人も感染者を見つけたのは大きい。日本で能動的に感染者を見いだす営為が、これほどの成果を挙げることはまずない。

僕は今日90人以上の患者を診た。小児科医が一人しかいないので、「なんちゃって」小児科医で70人は子供、あとは大人。子供のほとんどは風邪。あとは頭部白癬、ギョウ虫、回虫などなど。人生でこんなにメベンダゾールを処方したのは初めてだ。

大人は慢性疾患が多い。頭痛、腰痛、腹痛など。フォローアップがないのでその場限りの対応しかできない。1週間程度の痛み止め。胃薬。お茶を濁すような医療でしかない。なかには「やばい」頭痛や胃がんもあろうが、そこは知らんぷりである。高血圧やRAを見つけてもなにもできない。なかに結核やマラリア疑いの患者がでたり、フィラリア疑いの患者もいるが、検査もできないので見切り治療か紹介をするか、お金のない人はギブアップする。継続的医療は最初から目指していない。

目指していないので「流しの」医療だ。頭痛の原因は考えない。偏頭痛だろうが、脳腫瘍だろうが、詐病だろうが(薬ほしさに来る人も多く、それを売る人もいる)、関係ない。何しろフォローアップはない医療なのだから、冷静になって考えると、「鑑別診断」なんて意味がないのだ。アメリカの研修医が隣で高血圧患者にアムロジピン1ヶ月分の処方箋を書いていたが、これも意味がない。ほとんどの患者は薬を買う金がないし、たとえあったとしても一ヶ月後にはふりだしである。とにかくたくさん患者を診て、流していくのだ。そして、HIV検査につなげる僥倖をまつ。

このような生産性の低い営為は無駄と考えるべきだろうか。そういう考え方もあろう。だがしかし、こういうやり方のみが、ここでのあり方なのだとも言える。ギブアップか、あがくかという二択問題である。あがくという選択をここではとったのだ。


« 脳膿瘍の治療 | トップページ | ひさびさにB級ワイン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

砂地でも、保水資材(いわゆる生理製品に使われている素材)がある程度確保できれば、その時点で水がたまりだし、緑化がはじまります。

砂漠緑化事業というのは、かつては夢でしたが、一部現実化している内容もあります。

今は流しでもいつかは、という事もありますし、別に無駄ではないでしょう。
...実際、どこかの統計(確か、南アフリカ)では HIV の増加に歯止めがかかり出したという報道もあったようです。

すごい話ですね。核心に迫ったステートメントで全身に悪寒が・・・とはいっても、同時に50歩100歩という冷めた気持ちがあるのも白状します。どれほどにリッチな世界でも、医療のプロはどこかで線引きをしているのだという感想をもっています。人間のすることですから限界が。でもそれをなんとか底上げ・・・天井上げ、をミリ単位でしている21世紀。個人たちの努力はもしかしたらナノ単位でフロンティアを広げているのかもしれないです。そういうトップダウンの目と、分裂ぎみですが、人としての目。与えられた生活の中で自分が精一杯して足りない分を誰かが足してくれる、助けてくれる、この「ありがたさ」が心を暖めてくれてその人の人生が大切なものだと誰か一人でも「考えてくれた、あらわしてくれた」ことのほうが、フィジカルな痛みそのものが減るより大切なときもあります。慢性痛をもった経験や、なすすべのない時期のエイズをみてきた経験からそう思いますが、緩和ケアにも共通したコンセプトでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/36911909

この記事へのトラックバック一覧です: 砂地に 水撒く営為にしても:

« 脳膿瘍の治療 | トップページ | ひさびさにB級ワイン »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ