最近のトラックバック

« よく分からない多剤耐性菌報道 | トップページ | マスコミのバッシングには、マスコミ・パッシングを »

保健所・厚労省には院内感染に対応するエクスパティースはない

この話をもう少し続ける。

大阪の病院で看護師がパンデミックに罹患したとき、厚労省新型インフルエンザ対策室の官僚は「現場を見もしないで」勤務する病棟を閉じよと命じた。気骨あるその病院のICNたちはそれを暴論として拒絶したのである。

当然、看護師一人がインフルエンザになったからも言って病棟を閉じる必要はないし、また病棟を閉じるというのは大変な営為である。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100905ddm041040051000c.html

保健所にしても厚労省にしても(そして感染症研究所にしても)院内感染対策の知識も経験も不足している。病院にいれば感染症のアウトブレイクは大なり小なりかならず経験する(病院内アウトブレイクが起こってはいけないというゼロリスク信仰の前提は間違っている)。経験値は高い。ICNは6ヶ月もフルタイムで勉強して試験を合格して得る資格である。専門的知識もずっと豊富である。厚労省に感染対策のためフルに6ヶ月間を勉強に費やした人物が果たして何人いるだろうか。年という単位で実地訓練を受け、何百、何千という耐性菌感染症に対峙した人物などいるだろうか?

現場のICNのほうがはるかにそのような問題に対する解決策を熟知している。その熟知しているプロである現場のICTが素人である保健所や厚労省に報告したからといって、問題の解決がなにか改善するわけではない。恐ろしいのは、責任回避のために極端な防衛策を強いて現場を圧迫することである。このはなし、去年もしなかったっけ。

確証はまだないが、多剤耐性アシネトバクターは外からの持ち込みの可能性も高い。感受性アシネトバクターが病院内で多剤耐性化することはまれだからだ。外から持ち込んだ耐性菌に苦しんでいるのであれば、病院もまた被害者である。放火された家庭に「おまえのうちは消火の仕方がなっていない」というのがまず第一にかけられるべき言葉だろうか。



« よく分からない多剤耐性菌報道 | トップページ | マスコミのバッシングには、マスコミ・パッシングを »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

論旨には賛成ですが、ひとつだけ付け加えさせてください。
例として出された大阪の事例では感染症研究所のチームが現地で支援を行っています。
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009idsc/rep_hosp_osaka.html
この報告にはICNの呼称は出てきませんが、ICNがすでに対策と情報収集をかなり進めていましたので、私たちはその情報を整理して検討しただけでした。
医療現場において感染管理の専門家であるICNの役割はきわめて重要なのは間違いありません。しかし、病院の都合?で兼任でしか活動できないICNがまだまだ多いことは残念です。

具先生、コメントありがとうございます。

はい、FETPの介入については存じています。僕の聞くところでは厚労省の病棟閉鎖案が拒否された過程で、FETPが入ったと聞いています。

基本的に病院内感染管理は病院の総合力が大事で、ICTが「勝手にやってくれる」ものではありませんよね。一人一人の医師、ナース、薬剤師、検査技師、院長などの執行部、すべての人たちがプレイヤーです。病院あたりの感染管理者数などは重要なポイントですが、最重要なポイントではないのですが、、、そこが理解されているかどうか、僕はとても首をかしげてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/36547728

この記事へのトラックバック一覧です: 保健所・厚労省には院内感染に対応するエクスパティースはない:

« よく分からない多剤耐性菌報道 | トップページ | マスコミのバッシングには、マスコミ・パッシングを »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ