最近のトラックバック

« 学会に行かなくとも | トップページ | 各学会の見解 »

ハイデガーさん、つらいっす。

ハイデガーの「存在と時間」を読んでいるが、全然分からない。訳の問題かと思ったら、おおむね翻訳の評判はよい。でも、言葉の意味が全然分からない。レヴィナスもすごく難しいし、ポストモダンのフーコーやバルトも難しいけれど、あれは「難しいことそのものを目指した難しさ」なんだな、と納得しながら読める。ハイデガーはページをめくるのが正直しんどい。どうしたらよいんでしょうね、、、、、

存在と時間〈1〉 (中公クラシックス)

      
存在と時間〈1〉 (中公クラシックス)

著者:ハイデガー

存在と時間〈1〉 (中公クラシックス)

同時並行して読んでいるのがカントの「純粋理性批判」だが、こちらはめちゃくちゃにおもしろい。分かっているかどうかは自信ないけど、とにかく言葉に納得でき、ページをどんどんめくりたくなる。翻訳の問題かなあ。こちらの受容と需要の問題かしらん。

純粋理性批判〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

      
純粋理性批判〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

著者:イマヌエル カント

純粋理性批判〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

« 学会に行かなくとも | トップページ | 各学会の見解 »

本、映画、その他」カテゴリの記事

コメント

ハイデガーですか!!
カントのように、わからんものはわからん、と言い切らずに、難問題に正面から取り組んでいますから、ちょっとしんどいですよね。
やっぱり人知の及ばない領域があると、諦めてしまうのも癪ですが、存在と時間の問題は、やはりわからんですw

連投申し訳ない

ところで、ハイデガーに取り組まれた理由は??

私は『ベナー/ルーベル現象学的人間論と看護 』を読んだのがきっかけですが、よい副読本がないと、確かに前に進めないですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイデガーさん、つらいっす。:

« 学会に行かなくとも | トップページ | 各学会の見解 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ