最近のトラックバック

« 集中Medical Confidential | トップページ | レヴィナスの「倫理と無限」と内田樹さんの民主主義 »

匿名性という見解

ほとんどその他すべてにおいてもそうだが、僕は「例外なくすべてのシチュエーションにおいて絶対に」そうでなければならない、という主張を慎重に排除している。およそ臨床屋である限り、例外のない事象はほぼ皆無である。Never say neverといわれる所以である。

したがって、ここでも「何でもかんでも」匿名がけしからん、と申し上げているのではない。「集中」という雑誌の小論を署名なしで書くのはよくない、と申し上げている。

読めば分かるが、本誌はかなり直截な物言いをする雑誌である。そこが魅力ではあるが、逆にかなり「個人非難、個人批判」と読める書き方をしている。厚労省のなにがしは会議で昼寝ばかりしている、とかゴルフバッグをもってよいしょしながら出世したとか、「ほんまかいな?」と疑問詞をつけるべき記載が多い。

そのような直截な物言いが許容されるほぼ唯一の担保は実名で記事を書くことである。そうでなければ、このような内容はほとんど便所の落書きと区別がつかないではないか。本名をあげて官僚なにがしを非難するのであれば、自らも本名をあげて、「俺の魂書けて書いた記事だ、文句あるか」と言えばよいのである。それがいやならば、「厚労省の某氏は昼寝ばかりして、、、」とむにゃむにゃした記事にして、多少の魅力を減じてもリスクヘッジをするよりほかない。大人の仕事だ。他人を実名で非難するならば、それなりの覚悟を決めるべきだ。自分だけリスク回避するってのはないと思うな。

ついでに言うと、「匿名の排除」が硬直した社会をうむ、あるいは匿名性の担保が硬直化を防ぐ、という根拠が僕には理解できない。多くの硬直化に導く緒論は匿名からきている。コンプライアンスだのなんだので各部門の規則規制が増え、組織が硬直化していくきっかけはたいてい、匿名の内部告発、たれ込みが端緒になる。匿名化の担保は社会の硬直化を防ぐ手立てにはならない。むしろ、匿名性を強要するそのバックグラウンドのシステムとか雰囲気とか、そういうもののほうに問題があるのではないか。

« 集中Medical Confidential | トップページ | レヴィナスの「倫理と無限」と内田樹さんの民主主義 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

御返事をありがとうございます。あなたは

>ここでも「何でもかんでも」匿名がけしからん、と申し上げているのではない

とおっしゃるが後段を読むと結果として「とにかく匿名はけしからん」と言っているようにしか見えないのです。匿名だから便所の落書きと思うか、匿名でも意味があると思うかは、読み手が判断すればよろしい。私の言っているのは、
世の中には社会的に力のあるものと無いものがいる、力の無いもが名前を出して物をいうのは、まことに結構。尊敬すれば良いのだが、「匿名で述べたから宜しくない、黙っているか、実名を出せ」といったら出るべき意見が出なくなるでしょう、ということです。
匿名を強要するバックウランドに問題がある、などという結びの文句に至っては実に御目出たい「新聞の正論」というやつで、文化によってある程度の強弱はあれ、匿名を強要しない社会などあるのですか?と逆にお尋ねしたい。

便所の落書きから神の如き卓見まで、匿名から実名まで、多様に存在し得るゆとりを持つ社会が、私の考える柔軟性のある社会です。

役人のような強者、権力機構そのものが匿名性の影に隠れて責任を逃れるのと、集中の様な雑誌(私は以前から知っています )が匿名で記事を書くのを「匿名はけしからん」と同列に批判するのは、無茶苦茶な話しだと私は申しあげている。

 

匿名希望氏のコメントが頑迷な思い違いに思えてなりませんのでひとこと。
岩田先生の仰るのは、プロのジャーナリストとして記事を売り物にするからにはその内容を保証するために署名が必要であるというようなことじゃないですかね? プロでない一般人が信憑性のない情報を匿名で発信する分には構わないような。というか、匿名記事を貴方は信用できると判断するんですか? 読んだ人の大多数が信用できないと思うならその記事は売り物にならない粗悪品であり、掲載した雑誌はお金を出して買う価値がないわけですね。廃刊すべきです。
匿名でなければまっとうな記事を書けない状況は世界各地で見られます、確かに。しかし現状日本ではそのような危機的状況ではなくある程度制限はつくにせよおおっぴらに検閲をしているわけではない。「役人のような強者、権力機構そのものが匿名性の影に隠れて責任を逃れる」と云われるが、それを批判したいのなら同じやり方をして同じ穴の狢になるのは本末転倒です。

私自身はネット上では本名、匿名を使い分けており、実名を使うかどうかはメッセージ性の問題かと思います。
学会発表や論文では他の先生の臨床での行動につながってくるかもしれない!と思うのでたった1例の症例報告であっても実名が妥当ですし、逆の立場で考えると、匿名の研究発表なんてどんなに優れた内容でも、怪しくて臨床に生かせません。

記事の信頼性を高めたい、信頼性を高めてほかの人によりよく知ってもらいたいという内容であれば、実名での報告がより良いというのは当然の意見ではないでしょうか。

社会的にインパクトのある話をするときに出所が分からない情報は本来使うべきでないと思うのですが、その点に鈍感なメディアが多いのはいかがかと首をかしげることは多いです。

それはさておき、横から見ていると岩田先生はどちらか一方しか認めないって話をされているわけでもないのでは?と思います。

別にここで自分の名前を不特定多数の人に知ってもらってもなんだかなあ、と思うのでここでは実名を名乗っていません。
「こんな意見を言っているのはかけだしの呼吸器内科医です。まだ尻が青いかもしれません。生意気ですみません」ぐらいの意味で名乗っています。

えらく長く書いてしまいましたが、岩田先生、infection controlの記事など臨床に結びつく記事を公開していただき、大変参考になっています。ありがたく思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/36730780

この記事へのトラックバック一覧です: 匿名性という見解:

« 集中Medical Confidential | トップページ | レヴィナスの「倫理と無限」と内田樹さんの民主主義 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ