最近のトラックバック

« 負けに不思議の負けなし | トップページ | 享楽の金曜日 »

昨日の診断学のレクチャーと本日のMGH

初期研修医と学生向けの診断学のレクチャーはこれがネタ。痛みを訴える患者の鑑別のアプローチを学んだ。


本日はO先生のケースプレゼン。教育的でした。ただ、徳田安春先生もご指摘でしたが呼吸数が記載されていなかったり、絨毯爆撃的に無駄な検査が多かったりで、MGHの基準から考えると、、、という気もした。

« 負けに不思議の負けなし | トップページ | 享楽の金曜日 »

clinical problem solving」カテゴリの記事

コメント

本日の当院mornig conferrence 通称ドーナツの会も同じネタでした。ちょっとずるい感じの症例呈示ですが、私は診断できませんでした。損傷臓器のCTを見たところで鑑別疾患リストが浮かばないと診断ぎてないですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/37117256

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の診断学のレクチャーと本日のMGH:

« 負けに不思議の負けなし | トップページ | 享楽の金曜日 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ