最近のトラックバック

« Step beyond resident | トップページ | 成熟しつつ »

成熟しつつある日本人

ウチダ本をがんがん読んでいる。

武道的思考 (筑摩選書)

      
武道的思考 (筑摩選書)

著者:内田 樹

武道的思考 (筑摩選書)

 武道的思考はコンピレーションなのですでに既読の内容が多く、サラサラ読めた。身体性については理解が乏しかったのだが、ようやく納得、という感じで読めてきた。この勢いでメルロ・ポンティまでいける、、、かなあ。

9条どうでしょう

      
9条どうでしょう

著者:内田 樹,平川 克美,小田嶋 隆,町山 智浩

9条どうでしょう

少し古い本だが、これが最近読んだ中で一番面白かった。「日本辺境論」の源流であり、しかもこちらのほうがよりリアルである。

たぶん、発刊当時は読者にあまり理解されず、ヒステリックに解釈された可能性が高い。あるいは装丁からして「いつものウチダ本」と勘違いされている可能性がある。非常にハードな本である。後半は正直うーん、であるが、前半のウチダ、町山部分は実に面白い。

内田樹さんがブレイクしていると言うよりは、ぼくはここ数年日本人がとても成熟しつつあるのだと思っている。内田さんが10−20年くらい先を走っていて、ようやく僕らが、追いついてきたのである。ようやく内田さんの本が面白く読めるように日本人が成長してきたのだ。

自分の頭で考える、複雑なものを複雑に考える、単純化しない、白黒はっきりつけようとしない、グローバル・スタンダードのような「手垢のついた」キャッチフレーズに安易に飛び込まない、かといってアホみたいにナショナリスティックにならない、子どもっぽくならない、、、これがウチダ本を読むために必要な態度である。20年前、みんな子どもだったときには(僕も子どもっぽかったが)、だれも見向きもしないような本である。5年前でも厳しかった。今、ようやくである。ちなみに、サッカーのほうも偶然か必然かここ数年で急速に成熟が見られるのは興味深い。

そうそう、最近、中学校で教師が生徒を怒鳴りつけているのを見た。ふざけた態度を取っていたので、まじめに叱っていたのだ。小学校で順位付きのリレーや騎馬戦が復活している(前から残ってたの?)。よいことだ。

ノーベル化学賞のニュースでも大騒ぎしていたのはメディアくらいで、周囲は誠にクールであった。これもよいことだ。もちろん、科学に勤しむ日本人が増えることはよいことだが、それが「日本人がノーベル賞を取ったから」という理由では困る。ノーベル賞は結果であって目的ではないからだ。目的と結果の取り違えも、近年ようやく減少してきた。

ヒステリック・アメリカンな小児病をようやく日本は乗り越え、大人の感覚が萌芽しようとしている。喜ばしい限りだ。医療も教育もぼこぼこにされてようやく自分の脚で立ち上がろう、自分の頭で乗り越えようという気分になってきたのだろう。あとは司法、行政かな。小児病の克服は。

「9条」の本と言うだけで嫌がられそうだが、本書は絶対に買いである。

« Step beyond resident | トップページ | 成熟しつつ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

内田樹さんが時代の先を走っていたわけではないように思いますが。。。サイレント・マジョリティが漫然と考えていたことをうまく言語化できた、というのが実際ではないでしょうか。「腑に落ちる話」というのは、そういうものですよね。問題意識が当人の中にずっとあるからこそ、その琴線に響くわけです。「おお、、、そうだよね」と。

感染症的に言えば、菌はずっと存在していたが、それが網に掛かり、表出することがなかった、という話かと。『感染症は実在しない』ですね。

そして、こうしたものに対して、「日本人が成熟してきた」と飛躍的に言い切ってしまうのは、日々、岩田さんが批判されているメディアと同じスタイル・構造ですよね。それが、今回のエントリは少し残念。岩田ファンとしては、熱い人なんだなぁ。。。と感じている次第ですが。。。。

岩田先生の本と同時並行で内田先生の本を読ませていただいてます。体系知を使いながら幅広い読者を念頭においた文体で、世界の成り立ち、とらえ方を説明する内田先生の本に人気が集まるのは自然だと思いますし、私も好きです。

ただ、日本人が成熟してきたからそれが分かるようになったのかというと良く分かりません。
どちらかというと周囲から当たり前のことを当たり前に書いている本が減っているから、当たり前のことが書いてある内田先生の本が読まれるのではないかと、とらえています。「当たり前」と言ってしまうのはおこがましいかもしれませんが、内田先生も特殊なことを書いている感覚はないのではないかと思います。

地方都市に住んでますが、書店に並ぶ本は限られていて、小説を除けば流行作家のハウツー本や自己啓発本が中心でときどき内田先生の本がそれにまぎれている程度です。泣きたくなります。

複雑なものを複雑なまま受け入れることができる人というのは、今も昔もそれほど多くないのではないかと友人、同僚、上司、親戚、患者などとの対話で感じます(全然、科学的でない意見で申し訳ないです)。

変な反論のようになってしまいましたが、日本人は成熟しつつあってほしいという希望は私にもあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/37268521

この記事へのトラックバック一覧です: 成熟しつつある日本人:

« Step beyond resident | トップページ | 成熟しつつ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ