最近のトラックバック

« HIV感染の自然歴 | トップページ | 漢方診療の論文 »

キューバ医療を見るアメリカ医師

世界でもっともコストパフォーマンスの高い医療を展開するキューバにアメリカ人医師が入り、Scienceにポリシーステートメントをまとめている。アメリカの禁輸措置廃止を訴える論文はキューバ人には好意的に受け止められ、アメリカ人からは賛否両論であったという。

アメリカ医療のコストがおそろしく高い割にはパフォーマンスは悪く、ちょうどかの国の車のように燃費が悪い。キューバの医師はハイテク医療ができないため、アメリカ人医師よりも病歴聴取や身体診察により丁寧である(アメリカ人医師が診察が上手でない、というのは僕の昔からの見解だが、そのことはSapira先生の教科書とかにも書いてある。身体診察の重要性が強調されればされることは、彼の地でそれが「できていない」証拠なのである)。午前は患者をみて、午後はフリータイムなので往診をしてみたりする。

http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/sci;328/5978/572?maxtoshow=&hits=10&RESULTFORMAT=&fulltext=Paul+K.+Drain&searchid=1&FIRSTINDEX=0&resourcetype=HWCIT

http://www.acphospitalist.org/archives/2010/09/cuba.htm

アメリカ人が外国の医療を語ることは希有なことだ。興味深く拝読した。

« HIV感染の自然歴 | トップページ | 漢方診療の論文 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キューバ医療を見るアメリカ医師:

« HIV感染の自然歴 | トップページ | 漢方診療の論文 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ