最近のトラックバック

« ほとんど神様、マニー・パッキャオ | トップページ | なぜ宮崎に医師はいないのか »

本日のJクラブ

Long-acting neuraminidase inhibitor laninamivir octanoate (CS-8958) versus oseltamivir as treatment for children with influenza virus infection
AAC 2010 vol. 54 (6) pp. 2575-82

9才以下のインフルエンザに対するラニナミビルの効果をタミフルと比較。ソ連型H1N1はほとんどタミフル耐性でそれよりはまし。H3N2ではむしろタミフルの方が良い?微妙なスタディーだなあ。大切なのは、MRさんの説明を鵜呑みにしないことです。

Effect of acyclovir on HIV-1 set point among herpes simplex virus type 2-seropositive persons during early HIV-1 infection
JID 2010 vol. 202 (5) pp. 734-8

アシクロビルの予防スタディー続編。HIV感染ある人にアシクロビル飲ませてもHIVの予後変わらず。

Antibiotic prophylaxis in variceal hemorrhage: Timing, effectiveness and Clostridium difficile rates
WJG 2010 vol. 16 (42) pp. 5317-23

食道静脈瘤破裂の際に抗菌薬予防で死亡率が下がるが、CDI頻度変わらず。セフロキシムとフラジールを使ったことが多かった、という後ろ向きスタディー。フラジール入ってるんだから、当たり前じゃないの?とそのほか突っ込みどころ満載のスタディー

Preexposure Chemoprophylaxis for HIV
Prevention in Men Who Have Sex with Men
NEJMnov 23 2010
MSMにツルバダを飲ませてHIV感染を予防。すごいですね。日本で、、、使えるか?

« ほとんど神様、マニー・パッキャオ | トップページ | なぜ宮崎に医師はいないのか »

journal club」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日のJクラブ:

« ほとんど神様、マニー・パッキャオ | トップページ | なぜ宮崎に医師はいないのか »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ