最近のトラックバック

« 「もういちど村上春樹にご用心」と研修医向けの雑誌 | トップページ | 佐野洋子さん逝去 合掌 »

あんこの本

 日本文学の特徴として、食べ物の描写が上手なことがあると思う。池波正太郎とかは有名だが、村上春樹にしても、いかにも食べたくなるような描写が上手。宮崎駿のアニメもそうですね。文学の王道たる英米が食べ物に淡泊なせいもあるかもしれないけれど、海外の文学でこれほど食欲をそそるものは多くない(単に知らないだけかもしれないが)。

 「あんこの本」という本を読む。美しい写真とエッセイが食欲をそそる。出ているお店を全部制覇したい衝動に駆られる。こういうお店巡りの本はたくさんあるが、なぜか「あんこ」を主題にした本はほとんど存在しなかった。その理由は、本書を読めば分かる。

あんこの本 あんこの本

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 「もういちど村上春樹にご用心」と研修医向けの雑誌 | トップページ | 佐野洋子さん逝去 合掌 »

本、映画、その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あんこの本:

« 「もういちど村上春樹にご用心」と研修医向けの雑誌 | トップページ | 佐野洋子さん逝去 合掌 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ