最近のトラックバック

« コンサルテーション・スキル 他科医師支援とチーム医療(新刊) | トップページ | クランベリージュースUTI防がず、、CID »

日本内科学会雑誌 12月号 診療ガイドラインをめぐって

福井次矢先生の編集による特集です。僕も感染症について書いています。↓の本の総論的記述をまとめただけですけど(これをまとめてしゃべったのが去年の化療学会の教育講演です)。

日本と外国のガイドラインを比べるとどうか?というベタな企画だったのですが、そのまま書くとつまらないので、「日本と外国どっちがよいか」ではなく「よいガイドラインと呼ばれる条件はなにか」を主眼にしてまとめました。ぜひ読んでみてください。

対談で、福井先生が「今日の治療指針」も将来的には、エビデンスに基づいたものに、、、とコメントされてます。同意。僕も今年書いてみて驚いたのだけど、参照文献ゼロというのが執筆規定でした。今どきこんな編集でよいのか?と思います。電子版もあるのだから、リッチなテキスト、リッチな引用文献はポータビリティーに矛盾しないはずなのに、、、、この本を読んでいるドクターはとても多いので、その量に見合った質をもっと担保すべきだなあ。

感染症診療ガイドライン総まとめ Book 感染症診療ガイドライン総まとめ

販売元:総合医学社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« コンサルテーション・スキル 他科医師支援とチーム医療(新刊) | トップページ | クランベリージュースUTI防がず、、CID »

本、映画、その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本内科学会雑誌 12月号 診療ガイドラインをめぐって:

« コンサルテーション・スキル 他科医師支援とチーム医療(新刊) | トップページ | クランベリージュースUTI防がず、、CID »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ