最近のトラックバック

« leflunomide for CMV | トップページ | 脳梗塞後に弾性ストッキングは腿まで伸ばしたほうが近位DVT少ない »

IGRAとHIV

アフリカでエリスポットをHIVにやったら?という話。対象者のCD4中央値は49。53%に肺結核あり(!!!)。培養陽性肺結核をスタンダードにすると感度73%、特異度54%。うーん。CD4あがってもあまり感度上がらず。

Role of interferon-gamma release assays in the diagnosis of pulmonary tuberculosis in patients with advanced HIV infection.

BMC Infectious Diseases 2010, 10:75

ウガンダだとあまりにぶっ飛んだデータなので、日本でスタディー。活動性結核をスタンダードにすると、感度83%、特異度99%。使ったのはQFT-G(QFT-2G)。ただ、コントロール群のCD4が高いので、偽陰性はでにくいというのが、問題。CD4が低いと判定不能も多い。ここではCD4との相関あり。

Performance of a Whole-Blood Interferon-Gamma Release Assay with Mycobacterium RD1-Specific Antigens among HIV-Infected Persons.

Clinical and Developmental Immunology Volume 2011, Article ID 325295, 6 pages

« leflunomide for CMV | トップページ | 脳梗塞後に弾性ストッキングは腿まで伸ばしたほうが近位DVT少ない »

journal club」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/38169532

この記事へのトラックバック一覧です: IGRAとHIV:

« leflunomide for CMV | トップページ | 脳梗塞後に弾性ストッキングは腿まで伸ばしたほうが近位DVT少ない »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ