最近のトラックバック

« CDI(CDAD)のリスクと死亡の関係 | トップページ | 集中治療室における尿量 ケース・コントロール・スタディー(笑) »

低容量アスピリンが便潜血(免疫化学法)にもたらす影響

Low-Dose Aspirin Use and Performance of Immunochemical Fecal Occult Blood Tests
JAMA. 2010;304(22):2513-2520

低容量アスピリン使用者か否かで大腸内視鏡で癌を見つけて、便潜血の感度、特異度。アスピリン飲んでいると感度は上がり、特異度は変わらず。NPVは96%。PPVも変わらず(!)。とても興味深い。内視鏡前にアスピリンを止めなくてもよい、、、か(消化器内科医の間でも異論ありらしい)?

« CDI(CDAD)のリスクと死亡の関係 | トップページ | 集中治療室における尿量 ケース・コントロール・スタディー(笑) »

journal club」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/38241568

この記事へのトラックバック一覧です: 低容量アスピリンが便潜血(免疫化学法)にもたらす影響:

« CDI(CDAD)のリスクと死亡の関係 | トップページ | 集中治療室における尿量 ケース・コントロール・スタディー(笑) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ