最近のトラックバック

« メディア・パッシングについて(付記) | トップページ | この絵本で描きたかったこと? »

ややこしいQFTの呼称

レジデントノートにクオンティフェロンについて書いたが、名称はややこしくてわかりにくい。

従来のQFT(QFT-2G)はESAT-6とCFP-10という2種類の抗原を用いて検査していた。近年、これに新たな抗原TB7.7を加え、検体処理実務も容易になったQFTゴールド(QFT-G)が発売された。両者をIGRAs(Interferon-Gamma Release Assays)とも呼ぶ。

 さらにややこしいことに、海外の文献に出ているQuantiFERON-TB Gold,
略してQFT-Gというのが日本におけるQFT-2Gのことである。QuantiFERON-TB Gold In-Tube test (QFT-GIT)というのが日本におけるQFT-Gである。なぜin-tubeというかというと、従来ウェル上で行っていた検査をすでに抗原の入ったチューブの中でやっているから、という分かりやすい理由のためである。米国ではこの他にT-SPOT.TB test (T-Spot)というIGRAも用いられていてややこしいことこの上ない。文献を吟味する際にこんがらがらないように注意しよう。以下の議論は日本での呼称を用いて行う。

日本の名称                 海外での名称
クオンティフェロン(R)TB-2G(QFT-2G)   QuantiFERON-TB Gold(QFT-G)
クオンティフェロン(R)TBゴールド(QFT-G)  QuantiFERON-TB Gold In-Tube test(QFT-GIT)

 さらにさらにややこしいことにこのQFT-G(QFT-GIT)にQFT 3Gという俗称がついて回っている。ネットで探すと公式な文書にもこの3Gが使われていることもあって、ますます分からない。日本ビーシージーに確認したが、これは正式名称ではない。どうも「あの」電話のイメージでついた名前だろうか(想像です)。あの電話に倣って、早く「4」を出すのが一番すっきりする方法(かな)。

というわけで、今度出るレジデントノートの原稿には一部間違い(本当は間違いではないのだけれど、間違いではないのか、と突っ込まれる恐れのある部分)がある。あらかじめご報告し、言い訳させてください。

« メディア・パッシングについて(付記) | トップページ | この絵本で描きたかったこと? »

感染症」カテゴリの記事

コメント

紛らわしいですよね。

名前をつける時、周りの状況と名づけた後の影響が見えてないから、このような事態になるのでしょう。

医療用医薬品でも似たような名前の薬もあるみたいですが、
事故防止のため、名称変更を検討されている事例も有ります。

名前をつけるのは難しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038674/37976216

この記事へのトラックバック一覧です: ややこしいQFTの呼称:

« メディア・パッシングについて(付記) | トップページ | この絵本で描きたかったこと? »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ